子どもが売られない世界をつくる | 認定NPO法人かものはしプロジェクト

Blog活動ブログ

かもカフェ!ストーリーvol.3:かもカフェ!マネージャーとして伝えたいこととは?

みなさんこんにちは!

かものはしプロジェクトインターンの沼田です。

かもカフェ!ストーリー第3弾は、かもカフェ!マネージャーの水溜智士さんにインタビューをお願いしました。

※かもカフェ!とはかものはしの社会人ボランティアコミュニティです。
かものはしには、イベントの企画運営や事務作業を通じて、活動を支えるボランティアさんがいます。

そんなボランティアさんにもっとスポットライトを当てて、存在を多くの人に知ってもらいたい、そんな思いから始めたのがこの企画です。

第2弾はこちらからご覧いただけます。

 

ーまず始めに自己紹介をお願いします。

以前はKDDI株式会社でネットワークエンジニアとして働いていましたが、2018年からe-EducationというNPO法人で広報・ファンドレイジング担当の職員として働いています。
本業もNPO職員ですが、さらにかものはしとNPO法人a-conでボランティアとして活動をしています。

 

ーありがとうございます。
では、さっそくですがかものはしを知ったきっかけを教えてください。

きっかけは、3年前にH.I.Sのスタディツアーでカンボジアに行って、プログラムの中でSALASUSU(旧かものはしカンボジア事業部)の工房見学があったことです。


I Love Cambodiaのシェムリアップ店にて

その時は、なんとなくかものはしの活動を知ったぐらいでした。

それから1年に1回程度、途上国に行くスタディツアーに参加してブータンやインドに行きました。スタディツアーに参加する中で、物乞いをされる経験をしたときに、お土産を買いましたが、その子にお金を渡すだけでは社会全体は良くならないけど、目の前の子を助けるために何かしたいと思いました。また、社会が良くなるためには社会の仕組みから変えることが必要だと感じました。

そこで仕事としてNPOに関わりたいとインターネットで検索して見つけた、かものはしのキャリア説明会(以下かもキャリ)に参加しました。

 

ースタディツアーでの経験から問題意識を持ち、自分にできることに向かって行動する姿、私も見習いたいです!
かものはしに関わるきっかけは、かもキャリに参加したことだったのですか?

かものはしに関わるようになったきっかけは、かもキャリに参加した時にサポーター会員として支援を始めたのですが、その2ヵ月後にボランティアデイに参加して、懇親会の中で広報・ファンドレイジング担当スタッフの草薙さんと話をしたことがきっかけでした。

講演会でかものはしの活動を支えるために収入をあげないといけないことが分かったので、具体的に「こんなことができるのではないですか?」と3つほど提案してみました。

すると、草薙さんから、「同じような思いを持った方と定期的にミーティングをしているので、かもカフェ!マネージャーのミーティングに参加してみませんか?」とお誘いを受けて参加したことがきっかけです。

 

ー水溜さんはかもカフェ!にどのような思いで参加されたのですか?

かもキャリでかものはしの活動や子どもが売られる問題の話を聞いたときに衝撃を感じ、こんなことはあってはならないと怒りのような感情が湧いてきました。本当にこの問題をなくしたい、そのためにできることをしたいと思って、かもカフェ!に参加しました。

 

ーかもカフェ!では具体的にどのようなことをしているのですか?

主に、I Love Cambodia の製品などをカンボジアフェスやグローバルフェスタで出店のお手伝いをしてきました(注:カンボジアの製品は現在はかものはしとして販売はしておりません)。販売運営はかもカフェ!で行っていて、商品の配置や販売だけでなく、かもカフェ!マネージャー以外のボランティアさんの巻き込み方などから自分たちで考えています。製品を売りながらかものはしの活動を紹介しています。

この他に、約1,000人いるかもカフェ!のボランティアさんがアクティブ活動できる場をどう作れるかを他のマネージャー陣で議論しながら、例えば、チャリティ英会話イベントを企画し定期開催する仕込みなどをしてきました。

三鷹国際フェスティバルにて I Love Cambodiaを販売

ーかもカフェ!の活動ってこんなに幅広いのですね。
かもカフェ!に参加して多くの方と関わる中で得たもの、感じていることはありますか?

面白いと感じるのが、自分たちの言葉でかものはしの活動を説明することで、共感してくれる人がいることを知れるということです。

私は一寄付者でしたが、活動を説明してかものはしの活動に賛同してくれる人を増やす事に関われたのを本当に嬉しく思っています。

また、かものはしを知った経緯はそれぞれ違いますが、同じ世界観をめざしている人と繋がれることが楽しいです。

 

ー水溜さんのようなかもカフェ!マネージャーさんを中心に様々な活動を通してかものはしの活動を多くの人に伝えておられることを聞いて、インターンとしてより頑張りたいと思いました。
最後に読者のみなさまへメッセージをお願いします。

かものはしへの関わり方はサポーター会員、ボランティア、インターン、SNSでシェアするなどいろいろあります。ですので、自分にできることから始めてみてほしいです。

社会人の方はボランティアや寄付ではなく、自分が問題を解決する側になってみることも考えてみてはどうかと思っています。

中には、社会課題を解決する側になりたいけど、不安や葛藤があるという人もいると思います。まずはインターンなどからNPOを知るということもできるので、ぜひ行動してみてほしいです。

また、かもカフェ!に参加すると、ご自身にとってのメリットがたくさんあると思います。

ボランティア活動でも自分自身が、かものはしの活動を人に説明する側になってみる、ものを売る、イベントを企画する、ということは普段あまりやらない経験だと思います。だからこそ、かもカフェ!での経験は自分自身のできることを増やすことに繋がりますし、その楽しさを感じられる

ただ貢献するだけでなく、自分にも見返りがあるのでぜひ何かに参加してみてほしいです!

ー水溜さん、本日はありがとうございました。

 

◆ボランティアデイ参加者募集!
かものはしでは月に一回、ボランティアデイというイベントを開催しております。
毎回、老若男女問わず様々な方に参加していただいており、普段の生活では関わることのないような人との新たな出会いも待っています。

ボランティア終了後は、かものはしの事業についての講演会、親睦を深める懇親会等、盛りだくさんの内容となっておりますので、ご都合のつく方はぜひ一度ご参加ください!

お申し込みはこちらから

◆ボランティア登録者募集!

た、ボランティアの登録者も募集中です。
寄付とはまた別の形で我々の活動を応援してくださる方は、下記よりご登録お願いいたします。

詳細はこちらから

いつも応援ありがとうございます。
一日でも早く子どもが売られない世界をつくるため、
もう少し力を貸していただけませんか?

詳しくはこちら