子どもが売られない世界をつくる | 認定NPO法人かものはしプロジェクト

新型コロナウイルス感染症[COVID-19]における
かものはしプロジェクト インド事業部緊急レポート

2020年6月までのレポートをご覧いただけます。

子どもが売られない
世界をつくる

For a world without child sex trafficking
and sexual exploitation.

1,000円からのご寄付でできる支援

世界から
子どもが売られる
問題を
なくすために。

We believe in a world without
human trafficking.

重要なお知らせ電話回線復旧のお知らせ

Issueかものはしが取り組む問題

だまされて売られてしまう
子どもがいます。

世界には、だまされて売春宿に売られ、
無理やり働かされてしまう子どもたちがいます。
子どもたちは、暴力や恐怖で支配され、
逃げることもできません。
「どんな子どもも、売られるなんてことが
あってはいけない」
「そんな子どもたちを守りたい」

かものはしは、そんな想いで、
この問題に真正面から取り組んでいます。

Feature Report特集レポート

17

かものはしの
寄付の集め方と
活動の広げ方

イベント報告

かものはしプロジェクトのご支援を始めていただく前に、WEB広告をご覧になって、かものはしプロジェクトを初めて知ったという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

そのなかには「本当にこんな社会問題が存在するの?」と半信半疑でホームページをご覧になった方や、この団体は本当に信頼できるのだろうか?と問合せをくださった方もいらっしゃるかもしれません。

Youtubeでかものはしのことをみたけど、本当に信頼できる団体なの?
WEB広告にお金を使っているけど、NPOとしてそれは普通なの?

16

2020年度
インド事業報告

Report of India

インド年次報告書

向かい風だらけだった1年
でも確かなインパクトを感じた

 人身売買の被害にあった女性たちが、権利・正義を取り戻せるよう、社会の仕組み作りに取り組むタフティーシュ事業は、8年目に入りました。

 2020年度は、コロナ禍でロックダウンとなり厳しい生活を余儀なくされたサバイバーたちへの緊急支援からスタートし、その後、中期戦略計画(2019~2024年)に基づいて、継続して裁判支援、サバイバーの生活再建を基軸に、刑事司法制度や福祉制度の強化に取り組みました。2021年3月末時点で、191人のサバイバーを支援しています。

15

「インド緊急救援期のご報告」と「近況報告」

Report of India

インド

 インド事業部の清水です。年の瀬が近づいてまいりました。コロナの感染者数が増え、これを読んでくださっている方々の中にも、様々な形で影響を受けていらっしゃる方がいらっしゃるかもしれないなぁと思いながら、この文章を書いています。必死に皆の命を守ろうと、ご自身の命を削って働いている皆さま、苦しいところに立っている皆さま、私にできることは祈ることくらいしかできませんが、たくさんのこみあげてくる感情とともに、皆さんのことを想っています。

 今年の7月に、かものはしから皆さまに寄付のお願いをさせていただきました。その際、本当に多くの皆さまから、私たちの想像をはるかに超えた870人もの皆さまから、総額16,458,148円のご寄付を、たくさんのメッセージとともに、お預かりしました。この場を借りて、心よりお礼申し上げます。

Blog活動ブログ

Eventイベント・説明会

Okun(ありがとう=អរគុណ) 16年間の感謝を込めて

子どもが
売られない
世界を
ありがとう。

Message応援メッセージ

Newsお知らせ

Partnerパートナー

かものはしは問題解決のため様々な現地団体とパートナーシップを結び活動しています。

だまされて売られてしまう子どもたちのために、今あなたに
できることがあります。

「子どもたちを守る」9,000人の仲間が待っています。
月1,000円からのご支援をお願いします。

Follow最新情報をチェック