子どもが売られない世界をつくる | 認定NPO法人かものはしプロジェクト

Blog活動ブログ

日本事務所インターン紹介 2019~第5弾:イベントインターン~

こんにちは。かものはしプロジェクトインターンの石田です。

かものはしプロジェクトの日本事務所にはたくさんのインターンがいます。

そしてかものはしには様々なバックグラウンドを持つ個性豊かな人たちが集まってきます。

今回はイベント担当の学生インターンをご紹介いたします。

 

自己紹介

かものはしプロジェクトでイベント担当をしています、大学3年生の遠藤実花子です!

大学では国際政治とタイ語を学んでいます。

趣味は、お散歩です。


タイの農村でで機織り機の使い方をおばさんに教えて貰っているところ

 

インターンに参加したきっかけはなんですか?

大学一年生の時に一ヶ月弱、フィリピンへ行きました。私にとってはじめての海外でした。現地では日本のボランティア団体の方から、フィリピンの人身売買の問題についてお話を聞き、初めて女の子が売られる問題を知り、衝撃を受けました。

帰国後も大学の講義でルワンダ大虐殺について学ぶ機会があり、紛争の手段として女性への暴力があるということを知り、女性の権利について関心を持ちました。

このようなことから、より深く人身売買や女性の権利問題、またその解決法について学びたいと思ったことがきっかけで、かものはしへインターンとして参加しました。

 

業務内容を教えてください

月に4回ある様々なイベントの企画、運営を行っています。

どのような会場設計をすると参加者に楽しんでもらえるか、どんなイベントだと参加者は参加したいと思ってくれているか、などを考えてかたちにしていく仕事です。

 

かものはしでインターンする魅力はなんですか?

NPO法人がどのように運営されているのか知ることが出来きます。同時に、世界の問題に対して支援してくださる方々が多くいることも実感しています。

初めは日本でカンボジアやインドの支援は出来るのか、疑問に思っていましたが、組織の仕組みを理解すればするほど、間接的ではありますがインターン生が行う業務も国際協力のうちだと感じました。

*****

遠藤さんは大学でも国際政治学を学んでいるので、国際協力に対して知識や志を持っています。その目標に向けて貪欲に行動する姿を見習いたいです。

次回もお楽しみに!

いつも応援ありがとうございます。
一日でも早く子どもが売られない世界をつくるため、
もう少し力を貸していただけませんか?

詳しくはこちら