子どもが売られない世界をつくる | 認定NPO法人かものはしプロジェクト

Blog活動ブログ

かものはしの活動におけるSDGsの目標をまとめました!

こんにちは!

かものはしプロジェクトインターンの沼田です!

突然ですが、みなさん、SDGsという言葉を聞いたことがありますか?

SDGsとは国連サミットで採択された国際目標で、日本でも自治体や企業等で多くの取り組みが行われています。

今回はかものはしが取り組む「子どもが売られない世界をつくる」活動がSDGsのどの目標にあたるのかをまとめてみました!

 

SDGs(持続可能な開発目標)とは?

SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2015年の国連サミットで採択された「誰一人として取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある世界を実現するための2016年から2030年までの国際目標です。

貧困や飢餓、気候変動、教育など17の目標と169のターゲットから構成され、発展途上国のみならず、先進国を含め、全ての国が取り組むユニバーサルなものです。

SDGsについてはこちらから
https://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/

 

かものはしの活動とSDGs

かものはしが取り組む「子どもが売られない世界をつくる」ための活動は、SDGsのどの目標の実現に繋がっているのでしょうか?

該当する目標とターゲットをまとめてみました。

目標5 ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う

5.2 人身売買や性的、その他の種類の搾取など、すべての女性及び女児に対する、公共・私的空間におけるあらゆる形態の暴力を排除する。

 

目標8 包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する

8.7 強制労働を根絶し、現代の奴隷制、人身売買を終わらせるための緊急かつ効果的な処置の実施、最悪な形態の児童労働の禁止及び撲滅を確保する。2025年までに児童兵士の募集と使用を含むあらゆる形態の児童労働を撲滅する。

 

目標16 持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する

16.2 子どもに対する虐待、搾取、取引及びあらゆる形態の暴力及び拷問を撲滅する。

 

 


かものはしの活動とこれまでの成果

かものはしが目標としている世界の「子どもが売られる問題」の解決は進んでいるのでしょうか?

かものはしは、2002年から2018年までカンボジアで、2012年からはインドで「子どもが売られる問題」の解決に取りくんできています。


カンボジア事業自立後、コミュニティファクトリーにて、働く女性たちとスタッフ、日本から来られた皆さまと

カンボジアでは、貧しさを理由に売られてしまう子どもや女性が多く、警察の性犯罪者に対する意識も低いという課題がありました。

そのため、かものはしではコミュニティファクトリー(現在は、NPO法人SALASUSUが運営)を設立し、女性が安定して働くことができる場をつくること、そして、警察支援を行うことで性犯罪者の逮捕数を大幅に伸ばすことに成功しました。

国連や政府機関、NGOなど様々な関係者の取り組みやカンボジアの経済発展により、「子どもが売られる問題」はほぼないと言えるようになり、カンボジア事業は自立しました。

現在活動を行っているインドでは2024年までを目標に、「被害者に寄り添う」活動と「社会の仕組みをつくる」活動の2つを軸に行っています。

人身売買の被害に遭った女性たちが自分の人生を取り戻せるよう心理ケアの提供や裁判支援などの一人ひとりに寄り添った支援を行っています。

また、加害者が適切に裁かれるよう加害者の捜査・裁判の仕組み、被害者を支援する仕組みを変えていくことに取り組んでいます。

世界で人身売買の被害規模が最大ともいわれるインドでの問題解決はまだ道半ばです。

しかし、特定の地域で有罪判決が出たり、被害者が国から補償金を得ることができるなど、少しずつですが成果の芽が育ち始めています。

かかものはしの活動についてはこちら
https://www.kamonohashi-project.net/activity/


「子どもの売られない世界」の実現に向けた、被害者支援や社会の仕組みづくりの各プログラムは皆さまのご支援で実現できています。

例えば、2018年、被害者の心理回復支援プログラムであるダンス・ムーブメント・セラピー(DMT)を10のシェルターで実施し、約240人が参加することができました。


いつもかものはしプロジェクトを応援いただき本当にありがとうございます。

いつも応援ありがとうございます。
一日でも早く子どもが売られない世界をつくるため、
もう少し力を貸していただけませんか?

詳しくはこちら