子どもが売られない世界をつくる | 認定NPO法人かものはしプロジェクト

Newsニュース・お知らせ

インターン

新しい一歩を踏み出したいあなたへ。かものはしインターン(学生・社会人)募集中!

現在インターンシップの募集は終了しています。

冬頃から募集を再開する予定です(2021年1月以降開始希望の方がいらっしゃいましたら、11月中旬以降にご相談ください)

「国際協力やNPOに関わる仕事をしてみたい」
「社会貢献を仕事にする、ということを体感してみたい」

かものはしは、上記のような思いをもった学生の方、社会人でキャリアチェンジを考える方等対象にインターン生を募集しています。


※インターン生とかものはしスタッフが意見交換をしている様子

はじめまして。
かものはしプロジェクトでスタッフとして働いている草薙です。
普段の業務の1つとしてインターン生のマネジメントを担当しています。

かものはしでは随時インターン生の方を募集しており、
その内容についてここでご紹介をさせていただきます。

かものはしインターンシップとは、「かものはしメンバーの一員となり、自分の担当をもって業務を実施しながら関わっていただく制度」のことです。
責任のある仕事をがっつりお願いするので、過去参加したインターン生からも「ここまでの責任を持って仕事をするとは思っていなかった。」という声をよくもらいます。
また「面談制度」があるのも大きな特徴の1つで、月一度上司であるスタッフに伸ばしたいスキルや仕事上の悩み、キャリアの相談などをしていただくことができます。

募集している職種は以下の通りです。

募集業務担当
■寄付開拓・講演会担当(国内)
かものはしを支援してくださる支援者の方々への訪問や講演会の調整をする担当です。自分の担当を持って支援者の方とコミュニケーションを取るなど大変ですが、やりがいのある仕事です。多くの方々と直接会って話し、様々な考え方に触れられることが寄付開拓・講演会担当の大きな魅力です。

■活動報告イベント担当(国内)
「かものはし活動説明会」や代表村田がスピーチをする「寄付者限定イベント」など、かものはしが実施している様々なイベントの企画・運営を担当します。現在はオンラインでどのような準備や制度があると参加者が参加しやすいか、安心して参加できるかなどを考えて、かたちにしていってもらっています。
NPOや国際協力に興味を持ってイベントに参加してくれる方々と交流できる楽しみもあるお仕事です。

■WEB・広報担当(国内)
かものはしのホームページでいかに情報を発信するか、どのようなメッセージをオンライン上で伝えていくかを考え、実行をする担当です。サイト更新やアクセス解析など分析の業務もあれば、どのような写真や文章がいいか考えるクリエイティブなお仕事もあります。
今のWEB社会で役に立つスキルや知識を身に付けられます。また、WEBに関する知識や経験がない方でも問題ございません。歴代のインターン生も経験がない方ばかりですので、ご安心ください。


具体的な条件は、以下の通りです。
・週15時間以上勤務ができる方(オンラインでの業務を含む)
・6ヵ月以上の勤務ができる方(社会人の方は3ヵ月以上)
※インターン期間中に留学などで数週間のお休みを取りたい方など調整可能ですので、ご相談ください
・待遇としては諸経費、交通費支給

学生インターンは、これまでに過去も1年生から4年生まで様々な学生が300名以上参加してくれています。社会人インターンは、年齢も20代から30代と様々、経歴も多様です。

活動ブログのスタッフ紹介において、インターン生の様子(過去の参加者を含む)を紹介しているので、参考にしていただければと思います。

活動ブログ スタッフ紹介一覧
リンク先→https://www.kamonohashi-project.net/blog/スタッフ紹介/


・新しい仲間と1つのことに打ち込む時間を過ごしたい
・国際協力やNPOの世界で仕事をしてみたい
・自分が本当にやりたいことを見つけたい

このような想いを持っている学生の方、社会人の方を大募集しています。
一緒に働ける日を楽しみにしています!

応募方法
エントリーシート(ダウンロードしてご記入ください)をメールにて
info(at)kamonohashi-project.netまでお送りください。
※(at)を@に変えて「インターンシップ希望」とタイトルに書いてお送りください。

なお、ご質問などがありましたらお気軽にお問い合わせください。
エントリーシートはこちら

草薙 直基Naoki Kusanagi

広報・ファンドレイジング担当

学生時代にベトナムに行き、その際に見た世界の不均衡な現実をなくしていきたいという思いからかものはしへの参画を決意。子どもが売られる問題をなくすためにできることを多くの人々に共有するため、日本事業部にて講演活動を行っている。最近のマイブームは息子と遊ぶこと。