子どもが売られない世界をつくる | 認定NPO法人かものはしプロジェクト

Blog活動ブログ

【東京マラソン2019 チャリティ】チャリティランナー、かものはしボランティア、かものはしプロジェクトが一つになった日

こんにちは!

かものはしのインターンの石田です。

2019年3月3日(日)東京マラソン2019チャリティが開催されました。

「人のことをこんなに応援したのはいつぶりだろうか」

大会終了後の電車の中でそんなことを思いながら帰宅しました。

 

「子どもが売られない世界」に賛同した100名のかものはしチャリティランナー

かものはしは、今回はじめて東京マラソン2019チャリティの寄付先団体の1つとして選ばれました。

そして3月3日(日)の大会当日は、国内外の100人近くのチャリティランナーのみなさまが、かものはしの「子どもが売られない世界をつくること」に賛同して走られました。

「初めて参加します。すべての子供達が不安なく生活できる世の中に変わることの幸せを祈って一生懸命走ります。」

「インドの女性の1人でも多く尊厳のある生き方を選択してもらいたい。」

「自分の好きなマラソンと、困ってる人を助けることを両方できるなら素晴らしいと思ったから。」

みなさま様々な想いから、かものはしプロジェクトのチャリティランナーとなってくださいました。

 

チャリティランナーのチャレンジを盛り上げたい

※第1回かものはし主催のランイベント

 

大会の前から、チャリティランナーのみなさまのチャレンジをサポートするために、かものはしではランイベントを企画しました。

1月と2月に、中央大学陸上競技部駅伝監督であり、東京マラソン唯一の日本人男子優勝者である藤原正和さまにご指導いただきました。

1回目は、皇居にて和やかな雰囲気の中、ランニングを行い、ランナー同士のつながりも生まれていたようです。

2回目は、中央大学の陸上競技場をお借りし、スピードを出す練習を行いました。

ご参加いただいたランナーのみなさまは、自己ベスト更新や完走を目指し、それぞれの目標に向けて、モチベーションが高まっているご様子でした。

部活さながらの一体感など、普段のかものはしのイベントとはまた違う雰囲気で、イベントの企画・運営に携わった私自身も、ランナーのみなさまと楽しむことができました。

 

冷たい雨も吹き飛ばした一体感と喜び

大会当日は、ランナーのみなさまをサポートすべく、かものはしカラーであるオレンジ色の横断幕やのぼりを持ち、21キロ地点の門前仲町、35キロ・37キロあたりの高輪郵便局付近で待っていました。

大会当日は生憎の冷たい雨で、かものはしのランナーさんを見つけることが難しい状況でした。

しかし、冷たい雨の中、フィニッシュを目指すランナーさんを見つけると、「何とか頑張ってほしい」そんな思いで、自然に「がんばれー!」と声が出てきました。

そしてランナーさんに気づいてもらいたく、もっと大きな声を出して、見えなくなるまで目で追ってしまいました。

こんなにも自分と今まで接点のなかった人を全力で応援したのは初めてだったかもしれません。

大会終了後にランナーさんから、

「スタート前から雨でウェア、手袋、靴も濡れて身体も冷えてしまって、こんなに辛いマラソンは、初めてでした。途中何度も心が、折れそうになりました。そんな時に30キロ地点での応援は有り難かったです。」

「応援して喜びが分かち合える仲間がいてよかった。」

と温かいお言葉をいただき、しっかり応援が届いていたと実感することができました。

ランナーさんへの応援を通して、かものはしスタッフ・インターン・ボランティアの一体感が生まれ、また自分も走っているかのようにドキドキワクワクしました。

走るランナーさんともつながることができたのではないかと思っています。

応援することで、人と喜びを分かち合え、感じる喜びは想像以上でした。

 

「支援する/される」の関係を超えたつながり

※大会終了後のラウンジにて

 

大会を通じ、「支援する/される」という関係を超えた、ランナーさん、ボランティアさん、そしてかものはしプロジェクトのつながりを発見することができました。

東京マラソン2019チャリティを通じ、寄付という形でご支援いただいた私たちが、ランナーさんやボランティアさんから「このような機会をありがとう」という言葉をいただいたのです。

寄付を受け取る側として、感謝の気持ちを伝えることが多いですが、感謝のお言葉をいただいて、じんわりとした喜びを感じました。

 

改めまして、チャリティランナーみなさま、数ある団体の中でかものはしプロジェクトをお選びいただき、誠にありがとうございました。

また今回大会のサポートやラウンジ運営にあたり、かものはしのボランティアの方にお力をお貸しいただきました。

みなさま寒い中、さらに長い時間ご協力いただき、誠にありがとうございました。

ご協力いただいたすべての方に心より御礼申し上げます。

 

今回、東京マラソン2019チャリティを通じていただいたご寄付は、インドでの「子どもが売られない世界」に向けて活動に使わせていただきます。

かものはしプロジェクトは、東京マラソン2019チャリティ事業の寄付先団体です。

東京マラソン2019チャリティ公式ウェブサイト https://www.marathon.tokyo/charity/

 

いつも応援ありがとうございます。
一日でも早く子どもが売られない世界をつくるため、
もう少し力を貸していただけませんか?

詳しくはこちら