子どもが売られない世界をつくる | 認定NPO法人かものはしプロジェクト

How to support支援・参加の方法

遺贈寄付

人生で築かれた大事な財産を、
「子どもが売られない世界をつくる」ために
役立てていただけませんか。

かものはしでは皆さまからの「遺贈」のご相談をお待ちしています。

遺贈寄付とは

法律に基づく法定相続とは別に、遺言によってご遺産を
特定の団体に寄付することを「遺贈」といいます。

遺言書に遺贈先として「認定NPO法人かものはしプロジェクト」とご記載いただくことで、ご遺産を寄付いただけます。ご寄付いただいたご遺産は「子どもが売られない世界をつくる」ために大切に使用させていただきます。また相続した財産の全額、または一部をご遺族の方からご寄付いただくことも可能です。

遺贈いただいた財産に
相続税は課税されません。

かものはしプロジェクトは認定NPO法人(東京都の認定)なので、遺贈・相続財産などのご寄付は相続税の課税対象から除かれます。また、ご寄付は税控除の対象となります。

遺贈の流れ

遺贈いただく場合には、「遺言執行者」の決定や「遺言書」の作成など
法的な手続きも多いため、信頼できる専門家に相談されることをおすすめします。
まずはお気軽に「かものはしプロジェクト」にお問い合わせください。

専門家に相談する

弁護士、司法書士、行政書士や税理士、信託銀行などの信頼できる専門家に、遺贈のご意思を相談されることをおすすめします。かものはしが専門家をご紹介することも可能です。

遺言執行者を決める

遺言の内容を実現する人を遺言執行者といいます。遺言通りに執行し、財産の引き渡しや登記などの手続きを行うため弁護士、司法書士などの専門家・専門機関の指定をおすすめいたします。

遺言書の作成

ご遺言が確実に執行されるために、かものはしプロジェクトでは、公証人へ口頭で遺言の内容を伝え遺言書を作成する「公正証書遺言」をお勧めしています。

ご逝去・遺言の執行

遺言執行者に、ご逝去をお知らせいただき、遺言の執行を開始します。いただいたご寄付は「子どもが売られる問題」をなくすために大切に使用させていただきます。

まずは、お気軽にご相談ください。

専門家のご紹介などをサポートいたします。

よくあるご質問

ご寄付の方法について

ご寄付に関する税金の取り扱いについて

まずは、お気軽にご相談ください。

専門家のご紹介などをサポートいたします。