子どもが売られない世界をつくる | 認定NPO法人かものはしプロジェクト

Blog活動ブログ

日本事務所インターン第6弾

こんにちは!
今回はインターン紹介第6弾です!!
第6弾では、講演会業務を担当している、
学生インターンの青山洸花さんをご紹介します。
青山さんは普段どのような仕事をしているのでしょうか。

.jpg

※旅行先での1枚

かものはしプロジェクトでインターンすることになったきっかけを教えてください。

カンボジアに1人で旅行に行った際に
偶然かものはしプロジェクトのコミュニティーファクトリーを訪れたのがきっかけです。
そのときに出会ったインターン生に憧れ、
自分も成長したい、変わりたいと思い日本事務所でのインターンを決意しました!
様々な目的をもって仕事をしているインターン生には日々刺激を受けています。

普段どのような仕事をしているのですか

多くの人にかものはしプロジェクトの活動や子どもが売られる問題について知って頂くため、
講演会でお話させて頂く機会が多くあります。
そういった講演会を開催して頂ける方や、団体とのコミュニケーション(訪問、メール、電話など)が
メインの仕事です。
また、講演会が円滑に進むように機材や備品の準備、当日はアシスタントとしてスピーカーをサポートしています。
当日かものはしの話を聞いて下さる方とお話しする機会もあります。
色々な方とお話できるのが講演会担当の1番の魅力ですね。

かものはしインターンを通して得たいこと、または得たこと

得たことというか成長したことになってしまいますが、
自分の弱みと強みに気づくことができました。
かものはしプロジェクトはスタッフとインターン生同士の距離が近いからこそ、
スタッフやインターン生と信頼関係を築け、自分に正直になれる場所だと思います。
新しいスキルを身につけることもできましたが、
それよりも自分を成長させてくれる人や環境に出会えたことが自分にとって一番よかったことだと思います。