子どもが売られない世界をつくる | 認定NPO法人かものはしプロジェクト

Blog活動ブログ

日本事務所インターン紹介第2弾

こんにちは!

インターン生紹介の第二弾をお送りいたします!

今回は日本事務所でコミュニティファクトリー担当として日々奮闘している

学生インターンの山本由隆さんをご紹介します。

日々どのような活動をしているのでしょうか。


|かものはしプロジェクトでインターンすることになった
きっかけを教えてください。

元々学生部のゆるかもに所属していました。

ゆるかもについてはこちら

活動にのめり込んで児童買春問題やゆるかもの組織の課題が見えてきました。

そんな中、インターンとしてもっと深く関われば、

児童買春問題を知るきっかけになるんじゃないか、

ゆるかもの課題解決の糸口を見つけることができるんじゃないか、

そう思ったため、トライしてみる事にしました。
かものはしの姉妹団体であるゆるかもでの写真.jpg

※かものはしの姉妹団体であるゆるかもでの活動の様子

|普段どのような仕事をしているのですか

カンボジアで最も貧しいといわれる農村に建設した工房で女性たちが作っている

い草商品の日本販売を担当する部署に所属しています。

企業様からの委託販売や卸販売などのご対応や、

それに向けた商品の品質・在庫の管理などをおこなっています。

また、現在は6月頃に行われたクラウドファンディングのリターン発送作業に

むけた準備に励んでいます。
日常業務.jpg

※外部向けイベントでの風景

|かものはしでのインターンを通して得たこと、または得たいと考えていることはなんですか

少しずつではありますが、問題を解決する力や

ものごとを単純化して考える能力がついてきたと思います。

以前は複雑に考えすぎてうまくいかないことが多かったので(笑)

今まで何をやるにも中途半端で、やり遂げることから逃げてきました。

ゆるかもや就活、卒論と並行して、かものはしでの業務に全力に取り組み、

やり遂げることで自信を持ちたいと考えています。

いつも応援ありがとうございます。
一日でも早く子どもが売られない世界をつくるため、
もう少し力を貸していただけませんか?

詳しくはこちら