子どもが売られない世界をつくる | 認定NPO法人かものはしプロジェクト

Blog活動ブログ

日本事務所インターン紹介2018~第3弾~

こんにちは!かものはしプロジェクトでインターンをしている進藤です。
日本事務所インターン紹介第3弾、今回は学生インターンの湯川拓海さんにインタビューしてみました!

[かものはしでインターンを始めたきっかけを教えてください。]

国際協力の仕事に少しでも関われるかもしれないと思ったからです。
就職活動の時期にさしかかり、将来のことを考え始めました。

元々、海外に対して漠然とした興味はあったのですが、それは本当に漠然としたもので、この道に進む、と明言できるような確たるものは自分の中に全くありませんでした。
このまま悩んでいても仕方がないし、海外に対して少しでも興味があるのならインターンでもやってみよう、と思いました。
今までは考えすぎて行動が遅くなるような傾向があった自分にとって、小さい一歩ではありましたが、大切な一歩でした。

[かものはしでは普段どのような仕事をしているのですか。]

自分は広報web担当で、主な仕事としてはメールマガジンの文章を作成したり、ホームページに記事をアップすることが挙げられます。
メルマガの締め切りを守るのは結構大変でしたが、メルマガの文章や件名を考えることは自分にとって楽しくてやりがいがありました。
「そういえば幼い頃の自分は文章を考えるのが好きだったなぁ」とか、「中学生の頃は小説の冒頭を考えたりしていたなぁ」など、自分自身も忘れていた「好きなこと」に気づけたのはすごく良かったです。

[かものはしのインターンを通して得たことは何ですか。]

正直、就活と両立することは自分にとってはすごく大変でした。
悩んだこともたくさんありました。
でもその一方で、悩んだからこそ見えたことがあったり、壁を越えられたような実感が味わえたりもしました。

この記事を読んでいて「インターンをやろうかな」と考えているみなさんにとって、かものはしでインターンをすることが最良の選択なのかどうかは僕には分かりません。
インターンというのも結局は一つの箱でしかないので、インターンを始めて、みなさんがどのような行動をとるかはみなさん次第だからです。
でも、かものはしの内部に入ったからこそ得られるものがある、というのも事実です。
「色々な人と話したい」「成長することが好き」という人にとってはすごく向いている環境なのではないかなと思います。

同じ広報webの担当をしている私、進藤も、湯川君のパソコンスキルやメルマガの文章力の成長に驚かされています。
最初はメルマガでどのように文章を作ったら良いのか大変そうでしたし、就職活動の時期と重なっていたときとても忙しそうでしたが、その中でも任せられた仕事をこなし、いろんなことを吸収している様子をそばで見ていて感じました。

 

さて、次回のインターンインタビューもお楽しみに!

 

いつも応援ありがとうございます。
一日でも早く子どもが売られない世界をつくるため、
もう少し力を貸していただけませんか?

詳しくはこちら