子どもが売られない世界をつくる | 認定NPO法人かものはしプロジェクト

Blog活動ブログ

日本事務所インターン紹介 2018~第2弾~

こんにちは。かものはしプロジェクトでインターンをしている進藤です。

日本事務所インターン紹介第2弾、今回はアソシエイト(社会人インターン)の保坂光葉さんにインタビューしてみました!

※南米旅行マチュピチュにて

かものはしを始めたきっかけを教えてください。

大学生の時に、大学で村田さんが講演してくださり、かものはしのことを知りました。
カンボジアの売春宿の映像と、村田さんたちが大学生の時に立ち上げたことがとても印象に残りました。
国際問題にも、ずっと興味があったので転職を機に、「自分にできることは何か」考える機会にしたいと思い、かものはしでインターンを始めました。

普段どのような仕事をしているのでしょうか。

寄付開拓を担当しています。
共同代表の村田さんが企業や団体へ訪問する際、寄付開拓のアイディアを考えるのがメインの仕事です。
その他、寄付開拓に関する事務作業をしています。

かものはしのインターンを通して得たことはなんですか。

私は元々障害福祉の分野でソーシャルワーカーとして働いていたので、パソコンの業務やビジネスマナー等に不安を感じていました。
実際、かものはしでインターンを始めて、最初離れない業務に難しさを感じていましたが、それは経験があるかないかの違いだけなので、自分で努力して習得できるものだと思いました。

かものはしは、問題解決にまっすぐに取り組む組織で、解決に必要なことを選択し行動していきます。
これはできそうにないことなので、この姿勢や実践は素晴らしいですし、今後の自分にも活かしていきたいです。

かものはしを通して様々な出会いがあって楽しかったですし、自分がいたフィールドだけでは出会えない人たちと出会えたのでとても刺激になりました。
今後も大切にしたい出会いがあったことに感謝しています。

 

以上が保坂光葉さんのインタビューでした!

次回のインターン紹介もお楽しみに!