子どもが売られない世界をつくる | 認定NPO法人かものはしプロジェクト

Blog活動ブログ

ある日の国領事務所:駐在員帰国パーティー

広報担当の黒野です。
普段はメールマガジン編集などをしているのですが、
今週からブログの記事を担当することになりました。

かものはしプロジェクトの1週間をレポートします。

6月18日。

この日は一時帰国していた駐在員の米満を囲み、

サポーターの方との交流の機会として

駐在員帰国パーティーを国領事務所で開きました。

駐在員パーティ集合jpg.jpg

料理はスタッフがつくったカンボジア料理。

 -ココナッツミルクのきいたイエローカレー
 -ベトナム風生春巻き
 -ルパーソクチャー(かぼちゃぷりん)

 などなど。スタッフの努力が実り、力作揃いでした。

その中で特に大好評を得たのがイエローカレー。
「前日に6時間かけて作った」というスタッフ曰く、
「隠し味にお好み焼きソースをいれたのがポイント」。
果たしてこれがポイントだったのかどうか…。

そして駐在員の米満から、カンボジアに関する
「カンボジアクイズ」もありました。

その中でとくにびっくりしたのが、
「カンボジアではおしおきとしてドリアンの皮の上に
 座らせる」

「これは子どもが言ってた話なんだけどね、」
という事で一般的なのかは定かではありませんが、
ドリアンの皮、なんともきついおしおきだと思いました…。

そしてプロジェクト内で業績をあげたスタッフを
表彰する表彰式。

この日は、現地での事業を裏方で支えている

財務担当スタッフ2名が表彰されました。

経理というと地味で地道な仕事なのですが、
「かものはしを裏から支えてくれている」という事で、
他のスタッフから感謝の意味を込めての表彰でした。
突然のことで経理スタッフの播磨は涙目になる場面も…。

わずか2時間ほどでしたが、
駐在員米満とサポーターの方々の会話もはずみ、

まさに「楽しい交流会」になったと思いました。

米満は無事またカンボジアへと飛び立ち、
あとに残ったイエローカレーは徹夜作業の時の
夜食として事務所に残される事になりました。

次週は、「かものはしプロジェクトCS放送に出る」
についてお伝えしたいと思います!

黒野優菜

いつも応援ありがとうございます。
一日でも早く子どもが売られない世界をつくるため、
もう少し力を貸していただけませんか?

詳しくはこちら