子どもが売られない世界をつくる | 認定NPO法人かものはしプロジェクト

Blog活動ブログ

24日の報告会を終えての感想

システム開発事業部統括の青木です。

24日の日曜日にかものはしのたまごプロジェクトの

最終報告会がありました。

どたばたすることも有ったけど、非常にいい報告会でした。

ビデオで苦労した重富さん、プレゼン御世話になった本木さん、

報告会のビデオで泣いちゃった村田さん、

財務のプレゼン中ちょっと動きすぎだけど、基本仕事しすぎの江藤君、

あたふたしながらも、なんとかプロジェクタを使い切った西牟田君、

カンボジアコーヒーをいれてくれたみんな、そしてなんといっても、

準備から当日の動きまで沢山苦労した大久保さん 本当にお疲れ様でした。

みんなの苦労や、熱意は会場に来てくれたみなさんにも伝わったと思います。

ところで、僕はXperlの報告、方針の説明をさせてもらったのですが、
「御社の強みは何ですか?」
という鋭い質問に
「それは○○で、○○なら○○で、、、」と何とか答えたものの、
どうしても頭でしゃべってしまっているところが有りました。
正直言って、まだまだ強みと言える部分は有りません。 
笑顔とキャラクターで営業をし、何とかスタッフががんばって

仕事を納めています。

しかしこれから、いろいろな事業をしていきながら、どうにか今年カンボジアに

展開していくことで、僕らなりの強みが出てくると思います。

でも、今がんばっているみんなを見て、僕はもっともっとみんなに
ミッションに向かって前進しているんだ、ということを伝えなければ
いけないんだな、と強く実感しています。

少し、スタッフ向けになってしまいましたが、まず、
組織作りの第一四半期、そして、カンボジアに展開する第二四半期、

スタッフのみんなのがんばりが無くては絶対に出来ない、チャレンジングで

そして革新的な事業です。絶対に成功させましょう。

それでは。

青木健太

いつも応援ありがとうございます。
一日でも早く子どもが売られない世界をつくるため、
もう少し力を貸していただけませんか?

詳しくはこちら