子どもが売られない世界をつくる | 認定NPO法人かものはしプロジェクト

Blog活動ブログ

カンボジア

農村プロジェクト調査【インタビュー編②】

こんにちは、カンボジアに出張中の本木です。
前回のインタビュー(大窪が書いた記事)で、
印象深いものがあったので、今日はそれについて書いてみます。

nouson.jpg
訪れた村の農民の家

ヴィーさん47歳、女性。
夫と三人の子どもと暮らしている。
米を作っている。時には森に行って木を切り、それを売る。
1回分の木は、25$になる。(カンボジアでは一ヶ月30$あれば暮らせる)

しかし、貧乏だ。

その理由の一つは彼女の夫にある。

彼女のだんなさんは、村でも有名な酒飲みなのだ。

稼いだ金は酒に消えてしまう・・・。

彼女の一日と、だんなの一日を聞いてみた。

彼女は4時におきる。
料理をし豚にえさをやり、朝食をたべ、田んぼの手入れをし・・・
と午前中はそれらであわただしく終わる。

そのころ、だんなはというと5時ごろおき、朝ごはんをたべ、散歩。
そして時には友だちと朝から酒を飲む。

午後は奥さんは、遠くから水を汲んできて洗物をする。
マキを割る。だんなも少し手伝う。

その後奥さんは料理をし、だんなはその間休憩。
夕方4時半には夕ご飯を食べ、6時に就寝だ。

彼女はもう47歳。カンボジアの平均寿命年齢を考えれば、

47歳という歳はもう高齢なのだ。

彼女の願いは子どもたちによい教育を受けさせること。

------------------------------------------------------------------

わたしたちにできることはなんだろうか。
お金を与えればよいわけではない、それだけでは人は幸せにならない。

-------------------------------------------------------------------

と思わせられたインタビューであった。

oyaji.jpg
この写真は、村でみつけたイカスおやじ。
彼も酒飲みなのだろうか・・・

nousonkodomo.jpg
村の子どもたち。村にはたくさんの子どもたちがいる。

ヴィーさん47歳、女性。
夫と三人の子どもと暮らしている。
米を作っている。時には森に行って木を切り、それを売る。
1回分の木は、25$になる。(カンボジアでは一ヶ月30$あれば暮らせる)

しかし、貧乏だ。

その理由の一つは彼女の夫にある。

彼女のだんなさんは、村でも有名な酒飲みなのだ。

稼いだ金は酒に消えてしまう・・・。

彼女の一日と、だんなの一日を聞いてみた。

彼女は4時におきる。
料理をし豚にえさをやり、朝食をたべ、田んぼの手入れをし・・・
と午前中はそれらであわただしく終わる。

そのころ、だんなはというと5時ごろおき、朝ごはんをたべ、散歩。
そして時には友だちと朝から酒を飲む。

午後は奥さんは、遠くから水を汲んできて洗物をする。
マキを割る。だんなも少し手伝う。

その後奥さんは料理をし、だんなはその間休憩。
夕方4時半には夕ご飯を食べ、6時に就寝だ。

彼女はもう47歳。カンボジアの平均寿命年齢を考えれば、

47歳という歳はもう高齢なのだ。

彼女の願いは子どもたちによい教育を受けさせること。

------------------------------------------------------------------

わたしたちにできることはなんだろうか。
お金を与えればよいわけではない、それだけでは人は幸せにならない。

-------------------------------------------------------------------

と思わせられたインタビューであった。

oyaji.jpg
この写真は、村でみつけたイカスおやじ。
彼も酒飲みなのだろうか・・・

nousonkodomo.jpg
村の子どもたち。村にはたくさんの子どもたちがいる。

いつも応援ありがとうございます。
一日でも早く子どもが売られない世界をつくるため、
もう少し力を貸していただけませんか?

詳しくはこちら