子どもが売られない世界をつくる | 認定NPO法人かものはしプロジェクト

Blog活動ブログ

カンボジア

第七回スタディツアーがやってきました

カンボジアオフィスの可部です。

第7回スタツアメンバーがカンボジアに来ました。

個人的にははじめてのスタツアでしたので、内心びびりまくりでしたが・・・。

nousonn.JPG

写真は農村訪問時の集合写真。
乾季のため農業をしておらず、ひまな農民が多いそうです。
たくさん集まってくれました。

スタディツアーは代表の村田自身、他NGOのツアーに参加したのを一つのきっかけとし
活動を開始したという背景があって運営しています。

毎回10~20名の学生が参加しています。
各NGO訪問や農村訪問など、なかなか個人旅行では行きがたいところを
メインにしています。

mura3_5.JPG

 (写真は農村でのインフォーマル(公ではない)教育の一風景
 このときは、出稼ぎをいく場合、どのようなことに都市で注意しなければならないのか
 といったことを授業していました。出稼ぎに行くときに騙されたり、
 都市で危険な目にあうことが多いからです。)

ワークショップをしたり、夜な夜な議論し、自分の考えを深めること、
それにそうして議論できる仲間を得ること、これが、かものはしのツアーの特徴です。

貧困問題に関わることが、どこかこそばゆい雰囲気がまだまだ根強い日本社会の中で、
問題意識の高い人間が集まり語る、そして、実際に次につなげていく、
そいういう部分を担える可能性が大きいのかと気づかされました。
とても個性的な人間が多く、色々と話ができ有益でした。

以下の写真はツアーの一人です。

「カンボジアはどう?」という質問に対し一言

「暑い」と。

sannka.JPG

今週はもう第八回のスタディツアーがやってきます。

スタディツアーは代表の村田自身、他NGOのツアーに参加したのを一つのきっかけとし
活動を開始したという背景があって運営しています。

毎回10~20名の学生が参加しています。
各NGO訪問や農村訪問など、なかなか個人旅行では行きがたいところを
メインにしています。

mura3_5.JPG

 (写真は農村でのインフォーマル(公ではない)教育の一風景
 このときは、出稼ぎをいく場合、どのようなことに都市で注意しなければならないのか
 といったことを授業していました。出稼ぎに行くときに騙されたり、
 都市で危険な目にあうことが多いからです。)

ワークショップをしたり、夜な夜な議論し、自分の考えを深めること、
それにそうして議論できる仲間を得ること、これが、かものはしのツアーの特徴です。

貧困問題に関わることが、どこかこそばゆい雰囲気がまだまだ根強い日本社会の中で、
問題意識の高い人間が集まり語る、そして、実際に次につなげていく、
そいういう部分を担える可能性が大きいのかと気づかされました。
とても個性的な人間が多く、色々と話ができ有益でした。

以下の写真はツアーの一人です。

「カンボジアはどう?」という質問に対し一言

「暑い」と。

sannka.JPG

今週はもう第八回のスタディツアーがやってきます。

いつも応援ありがとうございます。
一日でも早く子どもが売られない世界をつくるため、
もう少し力を貸していただけませんか?

詳しくはこちら