子どもが売られない世界を作るため、寄付・募金・ボランティアの協力によりカンボジア・インドをメインに活動する国際NGO

かものはしの軌跡 かものはしの誕生からこれまでかものはしの軌跡 かものはしの誕生からこれまで

Chapter02 コミュニティファクトリー経営エピソード

05-1 新しい地域へ展開 働く女性たちとファクトリーの自立へ向かって

コミュニティファクトリープロジェクトリーダー大窪と戦略担当の本木は悩んでいた。ファクトリーの現場レベルでは安定してきていたが、運営レベルで現地のNGO「WP」との関係性がうまくいっていなかったのである。

2006年9月当初、カンボジア農村進出を決断したかものはしチームであったが、農村進出は初めてとあって、同じく職業訓練を行い農村地域に明るいカンボジア人運営のNGO「WP」と連携することになった。

駐在員大窪と笑顔がまぶしいファクトリーの働く女性たち駐在員大窪と笑顔がまぶしいファクトリーの働く女性たち

現在は共同運営という形で連携していたが、これまで大きな方針決定をする打ち合わせをドタキャンされたりと度々手を焼かされていた。
こうした経緯から、大窪・本木を中心にCFチームで議論し、大きな経営判断をすることになる。WPとの契約が切れるこのタイミングで、生産者と卸の関係になり、新たな地域で独自展開していこう!そう決断したのである。

具体的に言えば、WPとはいわば「ビジネスパートナー」として、商品を買う側と売る側という関係性になる。
コミュニティファクトリーとは、継続的に識字教育や生産運営のアドバイスも行い、働く女性である彼女たちが自立できるようにサポートしていく。

先日、実際に生産向上のためのワークショップを行った。

レクチャーを行い、その後はグループワーク。あるグループでは生産改善アイデアが11も出されたレクチャーを行い、その後はグループワーク。
あるグループでは生産改善アイデアが11も出された

買い手・売り手・仲買人に分かれて流通を学ぶ。彼女たちが自立していくためには、「考える機会」を提供することが重要買い手・売り手・仲買人に分かれて流通を学ぶ。
彼女たちが自立していくためには、「考える機会」を提供することが重要

このように働く女性達が自立でき、その結果ファクトリー自体が自立できるようにサポートしていく。
そして、新たな決定がなされた。
これまで得たノウハウをもとに、現在のファクトリーのとなりの地域にて新しくコミュニティファクトリーを建設していくという拡大路線である。

より多くの女性たちに職業訓練と雇用を提供するために。
児童買春被害を未然に防ぐために。
コミュニティファクトリーチームに気負いはない。

ついに新章に突入!今後の展開に乞うご期待!!

子どもがだまされて売られないために
かものはしがしている事
20,000円で売られる子どもを救うために
あなたが今できること

イベントカレンダーを見る

twitter

facebook

コミュニティファクトリー訪問

コミュニティファクトリーが立ち上げた新しいブランド「SUSU」オンラインショップ

かものはしが運営する工場で作られたカンボジアの手作り雑貨を買えるECサイト I love Cambodia

ほんのかけはし

ご寄付は税控除の対象になります。

講演会・取材等のお申し込みはこちらから

ページの先頭に戻る