子どもが売られない世界を作るため、寄付・募金・ボランティアの協力によりカンボジア・インドをメインに活動する国際NGO

2014年02月20日

売春宿から故郷に戻っても続くインド少女の苦しみと救い

ハッピーエンドはいつ訪れるのか?

バングラデシュと国境を接している西ベンガル州。
農村出身の14歳の女の子がいました。
彼女は人身売買の被害に遭い、ムンバイの売春宿に連れて行かれました。


農村.jpg※この写真は登場人物本人ではありません。

彼女をだまして連れ去ったのは、斜め前の家に住むおじさんでした。
彼女は運良く警察の救出活動によって、レスキューされ、
NGOのシェルターに入りました。
そして、彼女は故郷へと帰ることができました。

ここまでの話であれば、ハッピーエンドのように聞こえます。


2012年2月のインド出張では、大きな売春宿街がある
人身売買先の「目的地」と呼ばれる都市を中心に回りました。

売春宿街を通り、レスキューをしている団体に行き、
救出されたばかりの女の子たちから話を聞かせてもらいました。

見聞きすること全てが衝撃的で、
早くこの苦しみから女の子たちが解放されることを
願わざるをえない状況でした。

しかし、決して彼女たちの苦しみは
レスキューされただけでは終わりではないことを
今回の出張で痛感することになりました。


今回の出張は、彼女たちの故郷でもある農村地域を中心に回りました。
農村地帯は人身売買元である「発生地」と呼ばれています。

でこぼこの農道を通り、帰ってきた被害者少女に寄り添って支援している団体
GGBK(かものはしのパートナー団体)に行き、かものはしが支援している
女の子たちに話を聞かせてもらいました。

彼女たちは本当にたくさんの苦しみを抱えていました。

サバイバー1.jpg※この写真は登場人物本人ではありません。


例えば...
◆周囲の人や家族にも受け入れてもらえずに、その「孤独感」に苦しみ、
 自殺するところまで追い込まれてしまう子もいます。

◆人身売買加害者から受けた心の傷が癒えずに「トラウマ」に苦しむ子もいます。
 頭に熱したアイロンをあてられた子もいました。

◆自宅の近くに今も住んでいる人身売買加害者や
 その家族から激しい「嫌がらせ」を受けて、家族ごと暴力をふるわれたり、
 家を焼かれたりした子もいます。

◆裁判の場で戦おうにも、その知識も資金もなく、
 自身の「社会的正義」を取り戻すこともできずに
 泣き寝入りせざるをえない子もいます。

いろいろな複雑な苦しみを抱えています。
一度被害を受けてしまうと、その後も長く深い悪影響を受けてしまうのが
この問題の厄介なところだということを再認識しました。


一方で、かものはしが支援をしている17歳の女の子の話は
希望を持たせてくれるものでした。

人身売買の被害に遭い、村に戻ってきたばかりの頃、
当時の彼女は家に引きこもり、毎日塞ぎ込んでいました。

その様子を見かねたお母さんが、
GGBKがやっているセラピーへの参加を勧め、
渋々参加するようになりました。


詩や絵を書くようなセラピーがあるのですが、
彼女の書く詩は「死」や「絶望」を連想させる言葉が並び、
絵も黒と白の単調なものばかりでした。

しかし、何度かセラピーに通っているうちに、
少しずつ彼女は自己認識をし、自己受容、自己開示、自己表現、自己肯定が
できるようになっていきました。

それから彼女はかものはしとGGBKの支援を受けて、
養鶏と服飾のマイクロビジネス(経済的自立支援)を始めることにしました。

養鶏 (1).jpg※この写真は登場人物本人ではありません。

その女性は次のように語ってくれました。

********************************************************
いつからか、セラピーが終わった帰り道に
新しく何をしよう?
どんなことに挑戦してみよう?

とワクワクしながら帰るようになりました。

生まれてからずっと自分は「支配される側」の人間だと思っていたけど、
自分のビジネスを持つことで自分は誰かに「価値を提供できるのだ」
と気づくことができました。
********************************************************

まだ事業面では課題もありますが、僕は初めてビジネス(経済的自立支援)が
単なる生活の糧を得るための手段ではなく、人の自尊心を高め、
自己効力感を育むセラピーのような効果もあるのだと気づかされました。

もちろん、安定した利益が出ないことには意味がないので、
今後もパートナー団体と継続的に改善していきます。

そして、彼女はついに裁判の証言台に立って、闘うことを決意しました。
裁判で最終的に有罪判決がでることは簡単ではありません。

長い長い年月がかかります。
それを知ってもなお戦おうと思った理由を聞くと、

「もう私のような女の子が出てほしくないから」

と答えました。
この話をしている間、彼女の目はとても力強いものでした。

サバイバー2.JPG

現地を訪れる度に、状況を詳しく知れば知るほどに、
この問題の大きさ・複雑さ・深刻さを突きつけられ、
とてもつらい気持ちになります。

しかし、彼女のような「サバイバー(生き抜いた人)」を
一人ずつ増やしていけば、少しずつかもしれないが、
インドでもこの問題は良くしていけるのではないかと思えます。

まだ、かものはしのインドでの挑戦は始まったばかりです。
かものはしだけでこの壁を突破することはできません。

だから、インド現地ではパートナー団体と協力し、
日本ではより多くの支援者の方に少しずつ助けていただき、
この大きな壁を突破していきたいと思います。

引き続き、ご支援よろしくお願いします!

より詳しく知りたい方は、
8/26@かものはし恵比寿オフィスにて開催される
「かもトーク」へぜひご参加ください。
詳しくはこちら


130730_test.jpgライター紹介:山元圭太
日本事業統括ディレクター。日本の事業全般の統括を担当。5年間コンサルティング会社で勤務し、2009年よりかものはしプロジェクトに参画。

子どもがだまされて売られないために
かものはしがしている事
20,000円で売られる子どもを救うために
あなたが今できること

イベントカレンダーを見る

twitter

facebook

コミュニティファクトリー訪問

コミュニティファクトリーが立ち上げた新しいブランド「SUSU」オンラインショップ

かものはしが運営する工場で作られたカンボジアの手作り雑貨を買えるECサイト I love Cambodia

ほんのかけはし

ご寄付は税控除の対象になります。

講演会・取材等のお申し込みはこちらから

●最近の記事

17.11.24 UP

インドでの5年間を振り返って~後編~

いつもあたたかいご支援ありがとうございます。 2012年から始まったインドでの活...

17.11.02 UP

インドの希望〜パートナー団体の二人を日本に迎えて〜

胸がいっぱいの1週間 みなさんこんにちは。かものはしプロジェクトの村田です。 ...

17.10.18 UP

インドでの5年間を振り返って~前編~

いつもあたたかいご支援ありがとうございます。 2012年から始まったインドでの活...

ページの先頭に戻る