子どもが売られない世界を作るため、寄付・募金・ボランティアの協力によりカンボジア・インドをメインに活動する国際NGO

2013年05月01日

インドの村にいってきた(後編)


前半はこちら

2日目の最後に、save the children indiaという
僕らのパートナー団体であり、
今回この村の案内をしてくれたNGOのオフィスにいきました。

21 のコピー.jpg

NGOの人たちと意見交換をします。

22 のコピー.jpg

村の現状について、プロジェクトのやり方についてなど。
彼らからは、
「日本には人身売買はあるのか」
「女性の組合はあるのか」
「津波はどうだったのか」
などなど色々な質問がでてきました。

うまく答えられず、日本についてもっと勉強しなきゃなぁと思いました。

2日目の夜にsave the children india スタッフたちはムンバイに帰ります。
僕は残って、他のNGOや売春宿にいってきました。


3日目は、この地域で活動する他のNGOに訪問しました。

sex worker(売春婦)の人たち向けに、
HIV/AIDSの防止の活動をしているNGOにいきました。

23 のコピー.jpg


夜は、このオートリキシャというタクシーにのって、売春宿に行きます。
お客のふりをして、どんな現状なのかを見に行きました。
単独なのでどきどきします。

24 のコピー.jpg

写真は残念ながらありません。危険だからです。
多くの女性たちに「おーいネパーリ(ネパール人)」
と声をかけられました。

1回400円ぐらいだそうです。中には18歳未満に見える女性もいました。
この地域では、「神に捧げられた踊り子」という慣習があります。

「踊り子」たちは、貧しいかったり何かしらの理由で、
お寺に捧げられる女性たちがいるのです。

その女性たちは儀式のための踊り子をするのですが、
同時に売春して生きていきます。

このことは難しいので、また別の機会にブログにしたいと思います。


調査を終え、駅に向かいました。

26 のコピー.jpg

27 のコピー.jpg

寝台列車です。帰りは同室の(見知らぬ)インド人と
仲良くなろうと息荒く乗り込みましたが、
しかし、すでに時間は22時。
みんな寝ていました。残念です。


僕のベッド。

28 のコピー.jpg


シーツもあり、毛布もあり、いい感じです。

29 のコピー.jpg


朝、ムンバイにつきました。朝もやがきれいです。

無事到着です。2泊4日(車中泊2泊)の旅。

村の女性たちの元気さと、状況のシビアさを学んだ旅でした。


追伸:

ホテルで寝た後、この日は、日本食レストランにいきました。

5カンで800円(だったかな)。うーむと悩みます。
村の女性たちは、毎月100円をがんばって貯める状況。

悩んだ結果、松ではなく竹なら、許されるかなぁと食べました。
お金の価値ってなんだろうと思いながら。

30 のコピー.jpg


-----------------------
約1000円で警察官二人を育成することができます。
寄付して頂ける方はこちらからお願いします。

子どもがだまされて売られないために
かものはしがしている事
20,000円で売られる子どもを救うために
あなたが今できること

イベントカレンダーを見る

twitter

facebook

コミュニティファクトリー訪問

コミュニティファクトリーが立ち上げた新しいブランド「SUSU」オンラインショップ

かものはしが運営する工場で作られたカンボジアの手作り雑貨を買えるECサイト I love Cambodia

ほんのかけはし

ご寄付は税控除の対象になります。

講演会・取材等のお申し込みはこちらから

●最近の記事

17.10.18 UP

インドでの5年間を振り返って~前編~

いつもあたたかいご支援ありがとうございます。 2012年から始まったインドでの活...

17.09.11 UP

父と娘の絆、そして希望。

今回は、認定NPO法人かものはしプロジェクト年次報告書2016から  インドでの...

17.09.04 UP

人身売買の被害者が進級試験に合格!

将来の夢に一歩近づく 「保護施設のサバイバー(人身売買の被害者)が進級試験に...

ページの先頭に戻る