子どもが売られない世界を作るため、寄付・募金・ボランティアの協力によりカンボジア・インドをメインに活動する国際NGO

2017年02月01日

NPOで働くことに興味があるあなたへ
「かもキャリ」3/5(日)@恵比寿

「NPOに興味はあるものの、実際にどんな仕事があるのだろう」
「そもそもNPOで必要とされるスキルってどんなものだろう」

そんな思いをもった方へ向けたイベントです。
かもキャリ用写真

はじめまして。
かものはしプロジェクトで広報とファンドレイジングの担当をしている後藤です。
私はもともと民間企業で働いていたのですが、
数年間働いた後にかものはしプロジェクトへ転職をしました。


私も実際かものはしプロジェクトで働き始める前は、

「一体NPOの人って普段どんな仕事をしているんだろう?」
「職場の雰囲気はどんな感じなのだろう?」
「前職の経験って活かせるんだろうか?」

など、不安と疑問で頭の中はいっぱいでした。
そして、私と同じような不安や疑問を抱えた方も、多くいらっしゃるのではないかと感じています。

そういった方のために、NPOで働くイメージがわくようなイベントができないかと思い、
企画したのがこの「かもキャリ」です。


かもキャリでは
「社会問題をなくすために普段NPO職員がどのような仕事をしているか」
「NPOで必要なスキル」
「NPOでのやりがい、大変なこと」

をありのままお伝えさせていただきます。
そして私たちが解決しようとしている「世界の子どもが売られる問題」とその活動についても
少しですがお話させていただきます。

・NPOで働くことに興味がある方
・働くことまで考えてはいないがボランティアなどの関わり方を知りたいという方
・いずれNPOを立ち上げたいと思っている方
・自分の仕事経験を社会貢献に活かしたい方
などなど、多くの方にご参加いただきたいと思っています。

直接お話できることを心より楽しみにしています!

『かもキャリ』概要

日時

3月5日(日)10時30分~12時10分

会場

かものはしプロジェクト恵比寿オフィス
東京都渋谷区広尾5-23-5 長谷部第一ビル402号

アクセス

東京メトロ広尾駅より徒歩7分
JR恵比寿駅より徒歩10分
※迷われた場合は電話にてご連絡ください!(TEL:03-6277-2419)

定員

20名

参加費

無料

かもキャリのお申し込みはこちら

当日のコンテンツ / スピーカー

  1. かものはしについて
  2. キャリア事例紹介(広報・ファンドレイジングスタッフ)
  3. 募集要項紹介
  4. 座談会
  5. 質疑応答

講演者紹介

講演者 後藤愛美プロフィール

講演者紹介:後藤 愛美

認定NPO法人かものはしプロジェクト広報・ファンドレイジング担当。中小企業向けにコンサルティングや教育研修を提供する会社にて法人営業を担当した後、苦しい環境下で暮らす子どもを救いたいという想いから、かものはしに参画。

~認定NPO法人かものはしプロジェクトとは~

ミッション

「子どもが売られない世界をつくる」

活動概要

  1. 社会・政府の仕組みを変える (警察支援、政策提言)
  2. 被害者と被害にあう可能性の高い子ども・女性を草の根にて支援をする
    (ビジネスを通じた雇用創出、被害者に対するカウンセリング等)
  3. その活動を支える仲間と資金を集める

皆さまとお会いできることを楽しみにしています!

かもキャリのお申し込みはこちら

子どもがだまされて売られないために
かものはしがしている事
20,000円で売られる子どもを救うために
あなたが今できること

イベントカレンダーを見る

twitter

facebook

コミュニティファクトリー訪問

コミュニティファクトリーが立ち上げた新しいブランド「SUSU」オンラインショップ

かものはしが運営する工場で作られたカンボジアの手作り雑貨を買えるECサイト I love Cambodia

ほんのかけはし

ご寄付は税控除の対象になります。

講演会・取材等のお申し込みはこちらから

●最近の記事

17.12.01 UP

独立に向けた新しい挑戦。共同代表青木がクラウドファンディング実施中!

皆さん、こんにちは。かものはし共同代表の青木健太です。 今日は皆さんに大事なお知...

17.11.03 UP

大盛況だったクラウドファンディングイベント、ご参加ありがとうございました!

みなさんこんにちは。共同代表の青木です。 11月1日から始まった私達のクラウドフ...

17.10.21 UP

「子どもが売られる問題」を多くの方に知っていただくため、講演の機会をいただけませんか?

「会社のCSR活動の一環で国際協力関係の社内講演を実施したい。」 「地元の社会...

ページの先頭に戻る