子どもが売られない世界を作るため、寄付・募金・ボランティアの協力によりカンボジア・インドをメインに活動する国際NGO

メールマガジンバックナンバーメールマガジンバックナンバー

2007年04月11日

【かものはしNews 51号】コミュニティファクトリー特集!映像でお届け☆

かものはしプロジェクト共同代表の青木です。


 いつも温かいご支援本当にありがとうございます。

 4月に入り日本はだんだんと暖かくなりましたが、
 カンボジアではもう40度を超えています!

 そんな中、共同代表である村田・本木・青木で
 カンボジアに現地視察へ行ってまいりました。
 実際にコミュニティファクトリーの「いぐさ織り」を体験してきました。
 が、とてもたいへん!!

 そんなコミュニティファクトリーで「いぐさマット織りコンテスト」が

 開催されました。

 また、今回はそのコミュニティファクトリーリポートを
 映像でお届けいたします。
 お見逃しなく!!


  * 本稿は『かものはしNews』にご登録して頂いた方、       *
  * お名刺を交換させて頂いた方に配信しております。       *

  * 『かものはしNews』登録解除をご希望の方は、         *

  * お手数をお掛けいたしますがこちらをクリックしてください。  *

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆かものはしNews  第51号 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

         http://www.kamonohashi-project.net/

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆2007.04.11◇◆◇

 …◆ INDEX ◆…………………………………………………………………

 1. コミュニティファクトリー事業タイムリーリポート
   ~いぐさマット織りコンテスト開催!~

 2. 共同代表帰国レポート
   ~進捗めざましいコミュニティファクトリーを映像でお届け~

 3. 心意気プロジェクト感動のフィナーレ!!
   ~100,000共感ポイント達成&心意気ヒストリーを振り返り~

 4. “ゆるかも”活動記
   ~その夢を僕らは応援したい☆「世界地図すごろく編」~

 5. サポーター事業部からのお知らせ
   ~サポーター制度に「口数」を導入しました~

 6. メディア掲載情報
   外務省国際協力局発行「月刊国際協力新聞」に掲載されました!

 7. ご支援の方法

 …………………………………………………………………………………………


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1 コミュニティファクトリー事業タイムリーリポート
   ~いぐさマット織りコンテスト開催!~
  http://www.kamonohashi-project.net/blog/archives/002073.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ コミュニティファクトリー事業タイムリーリポート

 村人たちに働く機会をつくり、家庭収入を向上させることを目的とした
 コミュニティファクトリー事業。
 おかげ様で事業は順調に走り出しています。

 訓練生の研修期間もついに大詰め。
 「訓練生が一日必死で織ったらどれぐらい織れるのか?」
 ということを体感して自信をつけてもらうために、
 「いぐさマット織りコンテスト」を行いました!

 カンボジアの人々の特徴が随所に表れたコンテストでした。
 続きはこちらへどうぞ。
 http://www.kamonohashi-project.net/blog/archives/002073.php


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2 共同代表帰国レポート
   ~進捗めざましいコミュニティファクトリーを映像でお届け~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 共同代表村田・本木・青木が帰国しました!

 現地プロジェクトの進捗を確認し今後の方向性を議論するために、
 3月下旬に約1週間弱、現地を視察してまいりました。

 現地の様子やその雰囲気を詳細まで感じることができ、
 現地スタッフとの交流も含めてとても充実した出張でした。

 資産運用や衛生面などいろいろな観点で

 農村の人々を啓蒙していく必要があること、

 提携先の現地NGOとかものはしスタッフの連携などの課題点も

 浮き彫りになりました。

 そんな中でも進捗のめざましいコミュニティファクトリーを
 今回は映像で報告致します。
 コミュニティファクトリーの全景や内部の様子が明らかに!!
 ぜひご覧ください!
 http://www.kamonohashi-project.net/blog/archives/002074.php


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3 心意気プロジェクト感動のフィナーレ!!
   ~100,000共感ポイント達成&心意気ヒストリーを振り返り~
  http://www.kamonohashi-project.net/cocoroiki/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 祝☆100,000共感ポイント達成!

 言葉や想いで国際協力として始まった心意気プロジェクト。
 第二幕ではクリック募金的な要素を取り入れての再スタートでした。

 みなさまのご協力により
 100,000共感ポイントを達成することができました!!

 50,000共感ポイント達成から早一週間強での到達となり、
 ご参加いただいた皆様に本当に本当に感謝しております。
 子ども達へ近日中に2台目のPCをプレゼントします。

 協賛企業様より10万円を上限としてのご寄付、というお約束でしたので
 共感ボタンのカウントの方は終了致しました。

 参加者の方々が口コミでご友人に宣伝していただけたようです。

 この心意気プロジェクトがきっかけとなり、
 カンボジアの児童労働、貧困問題をはじめとした世界に起こる
 さまざまな社会問題に対する気づきやきっかけを提供できたとしたら
 スタッフ一同うれしい限りです。


▼ 心意気ヒストリー振り返り

 振り返ってみると半年間という長い期間のプロジェクトでした。
 プロジェクト発足当初のサイトもお恥ずかしながら公開しております。
 「心意気ヒストリーエピソード1・2」は心意気新着記事特集からどうぞ。
 http://www.kamonohashi-project.net/cocoroiki/


▼ 好評につき今年度も実施決定!

 今年度も、よりカンボジアの子ども達が
 Happyになれるような形で心意気プロジェクトを
 継続してまいりたいと思っております。

 できる限り参加者の皆様のご意見を反映させたいと思っておりますので
 ぜひ、ご意見ご感想等お寄せください!
 Email:cocoroiki@kamonohashi-project.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4 “ゆるかも”活動記
   ~その夢を僕らは応援したい「世界地図すごろく編」~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ “ゆるかも”とは?

 「ゆるかも」とは「『ゆる』やかな関わり方でも『かも』のはし!」を
 意味しています。

 スタッフやインターンになるには忙しくて難しいけれど、

 カンボジアの子ども達のために、空いた時間でかものはしと関わりたい!

 という心意気を持った学生・社会人の集まりです。


▼ ついに“ゆるかも”がカンボジアで活動を開始しました!

 孤児院の子どもたちは、夢をもっています。
 その夢を僕らは応援したい。
 できるなら、僕らも、彼らも一緒に笑い合って楽しみながら

 その夢を応援したい。

 そんな思いとともに、今回の企画は動き始めました。
 実際に子ども達と向き合った「世界地図すごろく」
 子ども達の反応やいかに!?
 続きはこちらをどうぞ。
 http://www.kamonohashi-project.net/blog/archives/002072.php


▼ まだまだ続くユニークな“ゆるかも”企画!

 「ゆるかも」に興味のある学生・社会人の方はぜひご連絡ください!
 ご連絡は担当者 安田までお願いします。
 yasuda@kamonohashi-project.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■5 サポーター事業部からのお知らせ
   ~サポーター制度に「口数」を導入しました~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 これまで、かものはしサポーター会費は一律1000円で、
 もっと支援したい!という声がありましたが
 なかなか具体策を講じることができませんでした。

 そこで、サポーター制度についに「口数」を設けることにしました!
 今年度から社会人となった方や、近年よりいっそうかものはしの
 活動に共感された方など、
 口数変更ご希望の方はsupport@kamonohashi-project.netまで

 ご連絡くださいますようお願い申し上げます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■6 メディア掲載情報
  外務省国際協力局発行「月刊国際協力新聞」に掲載されました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  外務省国際協力局から発行されている、

  「月刊国際協力新聞」にて掲載していただきました。

  

  『CSRは日本の企業に根付くのか』という特集の中で、

  注目される第四セクター(社会企業家)として紹介されています。

  掲載された記事はwebサイトからもご覧いただけます。

  http://www.apic.or.jp/plaza/oda/topic/20070327-01.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■7 ご支援の方法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  かものはしプロジェクトでは、活動を支援して頂ける
  会員制度や寄付制度を設けております。
  皆様からのご支援が、国内外でのプロジェクトの支えとなります。
  ご協力をよろしくお願い致します。

  月々1000円(1口)で私たちの活動を支援してくれる
  「かものはしサポーター」を募集しています。

  サポーターが1000人集まると、200人の両親・兄姉に
  職業訓練と雇用機会を提供し、
  子どもたち1000人が安心して学校に行けるようになります。

  現在350人がサポーターになってくれています。
  残り650人を募集しています!

 ★会員になるには?
  http://www.kamonohashi-project.net/support

 ========================================================
       アンケートのお願い       
 ========================================================

  今回の『かものはしNews』はいかがでしたか?
  より充実した内容をお届けするために、
  読者の方へのアンケートをお願いしています。

  記事のおもしろさ度の評価や、
  聞いてみたいと思うことを、ぜひともお聞かせ下さい。
  1行でも1文字でもお待ちしております。
件名を「メルマガ読者アンケート」として
info@kamonohashi-project.netまでお送りください。


 -----------コピー&ペーストしてご利用ください---------------

 1. ご覧いただいた『かものはしNews』は第何号でしたか?

 2. 今回のメールマガジンの内容はいかがでしたか?

   1) 非常に満足。おもしろかった。
   2) まあまあって感じ。
   3) ・・・どちらともいえない。
   4) ちょっと不満。ひと味足りない。
   5) 非常に不満!

 3. 2.に関して、そう思われた理由をおしえてください。

 4. ご意見・ご要望などがございましたら、ぜひお聞かせください。

  (よろしければ、ハンドルネームをお書き添え下さい。)

 --------------------------------------------------------------------

 以上で、アンケートは終了です。
 ご協力頂きありがとうございました。
 なお、いただいたご意見・ご要望は『かものはしNews』上で

 発表させていただく場合があります。

 掲載を希望されない場合や、匿名希望の方はその旨を明記ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    ********************************************
    * 最後までご覧頂きありがとうございました♪ *
    ********************************************


 ◇内容・記事に対するお問い合わせはこちらまでお願いします。
  E-mail:aoki@xperl.jp
 ◇購読の申込はこちらから行えます。

URL:  http://www.kamonohashi-project.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

子どもがだまされて売られないために
かものはしがしている事
20,000円で売られる子どもを救うために
あなたが今できること

イベントカレンダーを見る

twitter

facebook

コミュニティファクトリー訪問

コミュニティファクトリーが立ち上げた新しいブランド「SUSU」オンラインショップ

かものはしが運営する工場で作られたカンボジアの手作り雑貨を買えるECサイト I love Cambodia

ほんのかけはし

ご寄付は税控除の対象になります。

講演会・取材等のお申し込みはこちらから

ページの先頭に戻る