子どもが売られない世界を作るため、寄付・募金・ボランティアの協力によりカンボジア・インドをメインに活動する国際NGO

2011年10月21日

カンボジアの洪水の被害 27万世帯が被災

こんにちは
カンボジア駐在中の共同代表青木です。

日本ではタイの洪水がニュースで大きく伝えられていることと思いますが、
実はお隣のカンボジアでも洪水がかなり酷いです。

被害状況はこのような状況です。

カンボジアでは250人近い死者を出し、27万世帯が被災している。
フン・セン首相によると、緊急救援物資は今のところ、
7万6千世帯にしか届いておらず、食糧と水が不足している。

首相は年中行事の11月に祝う「水祭り」を中止し、
「その分の予算を被害の復旧に振り向ける」と表明した。

参考記事: 「深刻さ増す東南アジアの水害 経済にも大きな打撃

さて私たちのコミュニティファクトリーはというと、
少し浸水したり、周りが池になってしまったりしています。

何人かの女性たちが、家の周りが浸水したことでファクトリーに通うことが出来なくなっています。

かものはしでは今、緊急で

■コミュニティファクトリーで働く女性たちの被害調査
■ファクトリーのあるソトニコム地区の被害調査、NGOの支援の把握

を通じて、雇用支援の実施や緊急支援の実施の検討をすすめたいと考えています。

コミュニティファクトリー周りの様子を写真でお伝えしたいと思います。

洪水1.JPG
まずファクトリーの前にあるコミューンホールの前。
元々小さな池がある場所ですが、池の大きさがかなり広がって湖に...

洪水2.JPG
ファクトリー横、作業場所ギリギリまで浸水してきています。

洪水3.JPG
普段い草を干す場所の下も水没。

洪水4.JPG


いろいろと大変な中、何とか商品の生産を続けています。
コミュニティファクトリーで働く女性たちの多くは、家計を支える大黒柱です。
彼女たちがなんとか仕事を続けられるように私たちも支援をしていきたいと思います。

カテゴリー: カンボジア便り

子どもがだまされて売られないために
かものはしがしている事
20,000円で売られる子どもを救うために
あなたが今できること

イベントカレンダーを見る

twitter

facebook

コミュニティファクトリー訪問

コミュニティファクトリーが立ち上げた新しいブランド「SUSU」オンラインショップ

かものはしが運営する工場で作られたカンボジアの手作り雑貨を買えるECサイト I love Cambodia

ほんのかけはし

ご寄付は税控除の対象になります。

講演会・取材等のお申し込みはこちらから

●最近の記事

17.11.26 UP

カンボジア「い草商品」直営店のご案内

ここではみなさんに、かものはしプロジェクトが運営する直営店の情報をお伝えします...

17.11.02 UP

女性の自立―仕方ない、を乗り越えるたくましさ―

いつもあたたかいご支援ありがとうございます。 今回は、年次報告書2016より、カ...

17.10.03 UP

自立のその先に描くビジョン

いつもあたたかいご支援ありがとうございます。 2016年度は、カンボジア事業が大...

ページの先頭に戻る