子どもが売られない世界を作るため、寄付・募金・ボランティアの協力によりカンボジア・インドをメインに活動する国際NGO

2018年01月09日

20代からリーダーとして歩み続け、30代になった今伝えたいこと
1/23(火)@恵比寿

「仕事にやりがいを持ちきれない。」
「チームのマネジメントで悩みがある。」
「成功しているリーダーの話を聞いてみたい。」

このイベントは、そのような思いを持ったあなたにぜひご参加いただきたいイベントです。

こんにちは、かものはしプロジェクト共同代表の村田です。
この度、ミニット・アジア・パシフィック株式会社 代表取締役社長の迫俊亮さんと
講演をする貴重な機会をいただきました。

ミニット・アジア・パシフィック株式会社は、靴の修理や合鍵作成、スマホ画面の修理などを
行なっている「ミスターミニット」を運営する会社です。
よく駅構内やファッションビルの中で見かけますよね。私もいつもお世話になっています!

ミスターミニットは1957年にベルギーで創業された会社で、靴の修理や合鍵作成のサービス
チェーンとして今や世界最大規模の成功を築き上げてこられた企業です。

この国際的ブランドによるアジア・パシフィック圏の事業を展開されているのが
ミニット・アジア・パシフィック株式会社です。日本を含め合計約600店舗を営み、
1,000人近い従業員の方がご活躍なさっているグローバルカンパニーです。

迫さんは、その社長に若干29歳という若さで就任されました。
グローバルカンパニーの日本人社長としては、とても珍しいケースですよね。

私自身、実は迫さんとは、数年来の友人として仲良くさせていただいています。
経営者として奮闘されている時のお話などをリアルタイムで伺っており、ものすごい努力を
なさっていると感じていました。

お話しを聞きながら、いつも「自分もがんばらねば!」と思います。物事をより良い方向に
進めることを自然体でできるところは、迫さんの大きな魅力だと思っています。

そんな迫さんと「20代からリーダーとして歩み続け、30代になった今伝えたいこと」
というテーマで講演イベントを企画させていただきました。

迫さんがどんな人生を歩み、経営者としてどう成長されてきたのか、
どのような壁にぶちあたり、どのように突破してきたのか。

そして、私村田は20歳の時にかものはしプロジェクトを立ち上げ、
カンボジアでの挫折や事業転換を経験し、どのように活動を継続してきたのか。

そのあたりについて余すことなくたっぷりとお伝えできればと思っています。

きっと前を向くエネルギーを得られるイベントになると思いますので、
2018年も仕事をがんばりたい!と思っているあなたに、ぜひいらしていただきたいです。

当日お会いできますことを心よりお待ちしています!

開催 概要

日時

2018年1月23日(火)19:00~20:40
※開場 18:40

コンテンツ

19:00~19:10 導入、ご案内
19:10~19:40 ミニット・アジア・パシフィック株式会社 代表取締役社長 迫俊亮氏の講演
「リーダーの現場力」
19:40~19:50 休憩
19:50~20:20 かものはしプロジェクト共同代表 村田早耶香の講演
「普通の人が世界を変える〜強い想いが社会を変える〜」
20:20~20:40 質疑応答、アンケート記入

参加費

無料

会場

株式会社オウケイウェイヴ
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿 1-19-15 ウノサワ東急ビル 5階
アクセスはこちら

JR山手線/埼京線/湘南新宿ライン恵比寿駅東口より徒歩3分
東京メトロ日比谷線恵比寿駅より徒歩5分

申込フォーム

下記フォームよりお申し込みください。

お申し込みはこちら

Facebookページ

Facebookページはこちら

当日のスピーカー

講演者:迫 俊亮さん

プロフィール
1985年、福岡県生まれ。カリフォルニア大学ロサンゼルス校社会学部を卒業後、三菱商事に
入社。その後、ベンチャー企業のマザーハウスに転じ、同社の創業期を支えながらアジアに
おける事業確立などでも成果を上げた。2013年にミニット・アジア・パシフィック入社。
苦戦を強いられていた東南アジア・中国エリアの事業建て直しを担い、これを成功へと
導くと、経営企画部長 兼 海外事業統括部長として、同社の営業およびマーケティング分野の
再構築に着手。2014年1月には常務執行役員営業本部長に就任し、3ヵ月後の4月に
代表取締役社長 兼 営業本部長に就任した。世界経済フォーラム(ダボス会議)
Global Shapersにおいて「日本の若手を代表するリーダー」として選出もされている。


講演者:村田早耶香
村田さん
プロフィール  
認定特定非営利活動法人かものはしプロジェクト共同代表
大学在学中の2001年、東南アジア訪問時に子どもが売られる問題の深刻さを知り、2002年仲間とともにかものはしプロジェクトを創業。
10歳未満の子どもまでもが被害にあっていたカンボジアで、子どもが売られる問題を防止するため、職業訓練と雇用により家庭の収入を向上させる雑貨工房を運営。
また、加害者を取り締まるための警察訓練の支援も行う。現在はインドにも活動を広げている。
日経WOMAN主催「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2006」リーダーシップ部門を史上最年少で受賞。2012年全国日本商工会議所女性会連合会主催第11回女性企業家大賞優秀賞受賞。

子どもがだまされて売られないために
かものはしがしている事
20,000円で売られる子どもを救うために
あなたが今できること

イベントカレンダーを見る

twitter

facebook

コミュニティファクトリー訪問

コミュニティファクトリーが立ち上げた新しいブランド「SUSU」オンラインショップ

かものはしが運営する工場で作られたカンボジアの手作り雑貨を買えるECサイト I love Cambodia

ほんのかけはし

ご寄付は税控除の対象になります。

講演会・取材等のお申し込みはこちらから

●最近の記事

18.01.15 UP

子どもが売られる問題に迫るかもトーク!2/21(水)@恵比寿

「世界の問題についての理解を深めたい。」 「参加者同士で意見を交換した...

18.01.13 UP

かものはし共同代表 村田の創業ストーリーを聞く「夜かも」 2/15(木)@恵比寿

「団体を創業する場合、最初の一歩はどういうアクションだったのだろう...

18.01.12 UP

NPOで働くことに興味があるあなたへ「かもキャリ」2/13(火)@恵比寿

「NPOに興味はあるものの、実際にどんな仕事があるのだろう」 ...

ページの先頭に戻る