子どもが売られない世界を作るため、寄付・募金・ボランティアの協力によりカンボジア・インドをメインに活動する国際NGO

2017年09月28日

気軽にサクッと世界の問題について知る「かもサロン」11/15(水)@恵比寿

「世界の問題に興味はあるけど、関わるにはハードルが高い感じがする。」
「無理のない範囲のことから自分にできることを広げていきたい。」
「普段なかなか時間がないので、気軽に国際協力について知れる機会を
探している。」

「かもサロン」はそのような思いを持ったあなたへ向けた活動報告のイベントです。

かもサロン

こんにちは!
かものはしプロジェクトで広報を担当している草薙です。
普段は活動報告イベントの企画やカンボジアのい草商品の国内販売を担当しています。

今回、「気軽に世界の問題について知れるイベントを作りたい!」という思いから
この「かもサロン」というイベントを企画しました。
このイベントを企画した背景には、"国際協力"に関わり始める前に僕自身が
思っていたことが関係しています。

当時の僕は、
「子どもたちの問題に関心はあるけど、気軽に問題を知れる場がなかなかない。」
「国際協力をする上で少しずつでもできることってないのかな。」
そのようなことを日々思っていました。

当時の僕はできないことばかりに目を向けて、
できることにはあまりにも目を向けていませんでした。

そんな中、ふとできることに目を向けてみると、

・まずNPO関係の本を1冊読んでみる
・NGOでボランティアに参加した友達と会って話を聞いてみる
など、実際にできることはたくさんあることに気付きました。

そのような経験から僕と同じような思いを持ったことのある方へ1つのアクションとしてまず話を聞いていただきたいと思い、この「かもサロン」を企画しました。

イベント当日は、
・どのような経緯でNPOで働くようになったか
・かものはしのカンボジアでの活動の歩み
・インドの問題状況とかものはしの活動内容
・日本にてできること
など、短い時間でサクッと、しかし内容に関してはたっぷりとお伝えさせていただきます。

学生の方から社会人の方まで色々な世代の方に、
ご参加いただきたく思いますので、どなたでもお気軽にご参加ください。

直接お会いできることを心より楽しみにしています!

お申し込みはこちら

かもサロン概要

日時

日時:2017年11月15日(水) 20:00~21:10(開場:19:40)

会場

かものはしプロジェクト恵比寿オフィス
東京都渋谷区広尾5-23-5 長谷部第一ビル402号

アクセス

東京メトロ広尾駅より徒歩7分
JR恵比寿駅より徒歩10分
※迷われた場合は電話にてご連絡ください!(TEL:03-6277-2419)

参加費

無料

定員

20名(定員になった時点で申し込みを終了とします。)

お申し込みはこちら

スピーカー紹介 草薙 直基 スピーカー紹介:草薙 直基 (くさなぎなおき)

認定NPO法人かものはしプロジェクト広報・ファンドレイジング担当。人材紹介会社にて法人営業を担当した後に転職をし、飲食事業の立ち上げに携わる。学生時代にベトナムに行き、その際に見た世界の不均衡な現実をなくしていきたいという思いからかものはしへの参画を決意。これまでに得た営業の経験と資金繰りの経験を活かし、かものはしのファンドレイジングを担う。子どもが売られる問題をなくすためにできることを多くの人々に共有するため日本事業部にて講演活動を行っている。

子どもがだまされて売られないために
かものはしがしている事
20,000円で売られる子どもを救うために
あなたが今できること

イベントカレンダーを見る

twitter

facebook

コミュニティファクトリー訪問

コミュニティファクトリーが立ち上げた新しいブランド「SUSU」オンラインショップ

かものはしが運営する工場で作られたカンボジアの手作り雑貨を買えるECサイト I love Cambodia

ほんのかけはし

ご寄付は税控除の対象になります。

講演会・取材等のお申し込みはこちらから

●最近の記事

17.12.16 UP

「キャリアを考える~NPO、国際協力の仕事とは~」1/26@豊田

「NPOでの仕事の内容はどんなものか。」 「社会貢献を仕事にする方法ってどんな...

17.12.11 UP

かものはし共同代表 村田の創業ストーリーをきく「夜かも」 1/25(木)@恵比寿

「団体を創業する場合、最初の一歩はどういうアクションだったのだろう...

17.12.04 UP

かものはし活動説明会~かものはしのボランティアから起業に至った安藤昭太さんをゲストに招いて~1/20(土)@恵比寿

「自分の知っている世界を広げていきたい。」 「世界の問題に対して...

ページの先頭に戻る