子どもが売られない世界を作るため、寄付・募金・ボランティアの協力によりカンボジア・インドをメインに活動する国際NGO

2017年07月16日

世界の子どもが売られる問題に迫る!
活動説明会8/19(土)@恵比寿

月に一度開催の大イベント!!
かものはしの活動、その全てをこの場でお伝えします

かものはし共同代表3人(青木・村田・本木)

8月19日の14時00分から、
かものはしが取り組む「子どもが売られる問題」や、
問題に対する活動についてお話しする活動説明会を行います。
こちらのページでは活動説明会の概要やお話する内容をご紹介します。
皆さまのご参加をお待ちしております。

活動説明会のお申し込みはこちら

<目次>
▼かものはしの軌跡
▼活動説明会概要

かものはしの軌跡

2002年7月18日、
かものはしプロジェクトは設立されました。

全ての始まりは15年前、
大学生のときに「子どもが売られる問題」に出会った代表村田が、
「もっと多くの方にこの問題を知ってもらわないといけない」
その一心で自ら行動を始めたことがキッカケでした。

やがて活動を続ける中で、
現共同代表の青木・本木と出会い
かものはしプロジェクトは設立されました。
全ては三人に共通する"ある一つの想い"が
彼らをここまで突き動かしたのです。

その想いとは、
「全ての子どもが幸せに過すことができる世の中をつくること」
それ以外の何ものでもありませんでした。

共同代表(本木・村田・青木)

その日から15年間、
かものはしプロジェクトは様々な視点から
問題解決に向けての取り組みを行ってきました。

警察支援

売られる子どもを減らすためには、
警察が買う人を適切に逮捕し、また罰することが必要とされています。
しかし当時のカンボジアにはそのための仕組みが不足していました。
そこで2009年より警察支援(LEAPプロジェクト)を開始しました。
現在では活動当初に比べ、難しいケースも摘発できるようになりました。

カンボジア警察

コミュニティファクトリー(い草の雑貨工房)の経営

貧しい家の子どもが売られるリスクを減らすために
大人に仕事を提供するためのコミュニティファクトリーを経営しています。
現在約10万人が住むカンボジア最貧困地域で工房を運営し、
このエリアから人身売買が出ないようにしています。
コミュニティファクトリーで働く女性たちには、
給料のみならず教育、仕事力、そして生きる力を提供しています。

青木さんとCF女性の様子

インド事業

そして2012年からは、
アジア地域の中でも特に被害が甚大だとされているインドにも活動の幅を広げました。
様々な社会的要因が複雑に絡み合い生じているインドの人身売買問題。
一見困難を極めているようにも感じられますが、
現在は六つの現地NGO団体とパートナーシップを組み、
より効率的にそして正確に問題解決につなげることができるよう
活動を強化して取り組んでいます。

インドの街並み

当日の活動説明会では、
「子どもが売られる問題」を始め、
設立から現在まで行ってきたかものはしの活動内容を
ざっくばらんにお話していきたいと思います。

WEBだけでは知ることの出来ない現実が、そこにはあります。
ぜひ会場まで直接足をお運びください。

過去の参加者の声

・30代男性
「無関心でいる事が社会の闇を膨らませてしまうのだなと考えさせられました。
自分にもできる事がないか常に興味を持ち生活していきたいと思います」

・20代女性
「自分と同じ年以下の(被害にあった女性たち)の現状との差に考えさせられました」

・40代男性
「活動が戦略的・理論的で共感できた」

・30代女性
「複数の職員の話を通して様々な角度から活動を学ぶことができた。
友人・知人にぜひまずは講演会に参加してもらいたいと思った」

活動説明会概要

日時

2017年8月19日(土)
開場:13:40 開始:14:00 終了:17:00
※講演会後の交流会は16:30~17:00を予定しています

会場

かものはしプロジェクト恵比寿オフィス
東京都渋谷区広尾5-23-5 長谷部第一ビル402号

アクセス

東京メトロ広尾駅より徒歩7分
JR恵比寿駅より徒歩15分
※迷われた場合は電話にてご連絡ください!(TEL:03-6277-2419)

参加費

無料

活動説明会のお申し込みはこちら

当日のコンテンツと講師紹介

■ 第一部:かものはしプロジェクト共同代表 村田による講演

子どもが売られる問題、かものはしが設立されたキッカケとなる出来事、
かものはしが設立されてから現在までのカンボジアでの取り組み、
そして活動当初から今まで変わらぬ"想い"をお伝えします。

murata_speaker.jpg

講演者紹介:村田 早耶香

認定NPO法人かものはしプロジェクト共同代表。
19歳の時に、東南アジアにて自身と同じ年代の女の子が人身売買の被害に遭っている事実を知り、大きな衝撃と問題意識を覚える。2002年共同代表の青木・本木と「かものはしプロジェクト」を設立。それから現在まで、カンボジアの貧困女性に対する雑貨工房運営やカンボジア警察支援などを通じ、子どもが売られる問題の解決に向け、12年間活動し続けている。現在人身売買の問題が深刻化している、インドにも活動の幅を拡げる。


■ 第二部:広報・ファンドレイジングスタッフ 草薙による講演

最近活動を開始したインドでの取り組みを中心に
インドの抱える、複雑に絡み合った社会的背景、被害に遭った女の子のストーリー
解決に向けてのかものはしの事業戦略、被害者に寄り添った支援内容など
幅広い視点からお話いたします。

草薙直基

講演者紹介:草薙 直基

認定NPO法人かものはしプロジェクト広報・ファンドレイジング担当。人材紹介会社にて法人営業を担当した後に転職をし、飲食事業の立ち上げに携わる。 学生時代にベトナムに行き、その際に見た世界の不均衡な現実をなくしていきたいという思いからかものはしへの参画を決意。 これまでに得た営業の経験と資金繰りの経験を活かし、かものはしのファンドレイジングを担う。 子どもが売られる問題をなくすためにできることを多くの人々に共有するため、日本事業部にて講演活動を行っている。

■ 交流会(任意参加)

飲み物を片手に、和やかな雰囲気の中でご歓談を楽しみましょう!
講演の中で疑問に思った点や、より深く知りたいという部分について、
直接スタッフと話すこともできますのでお気軽にご参加ください♪♪

当日皆さんにお会いできることを、楽しみにしております!!

活動説明会のお申し込みはこちら

子どもがだまされて売られないために
かものはしがしている事
20,000円で売られる子どもを救うために
あなたが今できること

イベントカレンダーを見る

twitter

facebook

コミュニティファクトリー訪問

コミュニティファクトリーが立ち上げた新しいブランド「SUSU」オンラインショップ

かものはしが運営する工場で作られたカンボジアの手作り雑貨を買えるECサイト I love Cambodia

ほんのかけはし

ご寄付は税控除の対象になります。

講演会・取材等のお申し込みはこちらから

●最近の記事

17.09.20 UP

気軽にサクッと最初の一歩「かもサロン」10/26(木)@恵比寿

「世界の問題に興味はあるけど、関わるにはハードルが高い感じがする。...

17.09.18 UP

世界の問題を身近に感じたいあなたへ「昼かも」10/22(日)@恵比寿

「国際協力には興味があるものの気軽に関われる場がなかなかない。」 ...

17.09.14 UP

1人からのスタートでも世界は変えていける~NPO女性経営者同士のクロストーク~ 10/17(火)@恵比寿

「社会企業をする人ってどんな人たちがいるのだろうか。」 ...

ページの先頭に戻る