子どもが売られない世界を作るため、寄付・募金・ボランティアの協力によりカンボジア・インドをメインに活動する国際NGO

2011年08月08日

【対談イベント】フォトジャーナリスト・安田菜津紀×かものはし代表・村田早耶香

皆さま、こんにちは。

かものはしプロジェクトの共同代表、村田早耶香と、
途上国の取材で活躍されるフォトジャーナリスト、安田菜津紀さんの
対談イベントを開催いたします!

『アジア×カメラ 「正解」のない旅へ』出版記念イベント vol.2
対談『いくつもの壁にぶつかりながら~カンボジアの人身売買問題に挑む~』
NPO法人かものはしプロジェクト代表・村田早耶香×フォトジャーナリスト安田菜津紀
司会:ヤハギクニヒコ(studio AFTERMODE代表)

2011年8月24日(水)開場18:30  開始 19:00


「だまされて売られる子どもを守りたい」という、
2人に共通したこの強い想いに、触れてみませんか? 


 ■ 日時 : 2011年8月24日(水) 開場18:30 開始19:00

 ■ 会場 :C's fort
        東京都港区北青山3-9-2 AQUA1F
        03-6427-4600
        表参道駅より徒歩5分

 ■ 料金 :1,000円+1ドリンク

 ■ 定員 :45名(当日参加も可能ですが立ち見となる可能性もございます)

 ■ 主催 :株式会社スタディオアフタモード 

 ■ 協力 :NPO法人「かものはしプロジェクト」


お問い合わせ、お申し込みは、angletry(a)gmail.com まで、
件名を「8月24日(水)イベント参加希望」とし、下記を記載の上、ご送信ください。
(a)を@に変えてお送りください。

--------------------------------------------
お名前:
Eメールアドレス:
所属:
--------------------------------------------

今、カンボジアに暮す子どもたちを
どんな問題が取り巻いているのか、ご存知ですか?

また、彼らの未来を守るために、
私たちは何ができるのでしょうか?

子どもが売られてしまう問題を目の当たりにし、
立ちあがった2人の女性だからこそ、お伝えできる、
カンボジアの「今」を、是非聞きにいらしてください。

会場では安田さんの書籍『アジア×カメラ 「正解」のない旅へ』
村田さんの『いくつもの壁にぶつかりながら』も販売いたします。

皆さまのご来場を、お待ちしております。


■講演者プロフィール


●安田菜津紀(やすだなつき)

安田さん.png


studio AFTERMODE 所属 フォトジャーナリスト

1987年生まれ。
2003年8月、「国境なき子どもたち」の友情のレポーターとして、カンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。
守るものがあることの強さを知り、彼らの姿を伝えようと決意。
2006年、写真と出会ったことを機に、カンボジアを中心に各地の取材を始める。
現在、東南アジアの貧困問題や、中東の難民問題などを中心に、取材を進める。
共著に、『アジア×カメラ 「正解」のない旅へ』(第三書館)。上智大学卒。


【主な受賞歴】
2008年7月 活動が青年版国民栄誉賞「人間力大賞」会頭特別賞を受賞。
2009年    日本ドキュメンタリー写真ユースコンテスト 大賞受賞。
2010年    コニカミノルタ・フォトプレミオ第35回「視点」特選


【主な写真展歴】
2009年  「THE EMOTION」
       パラリンピック報道写真展   コニカミノルタプラザ・朝日新聞東京本社
2010年  「緑の村」HIVと共に生きる  コニカミノルタプラザ
       「明日を忘れないために」僕らをつなぐフィリピンの歌声 ギャラリーシリウス
       「She Has A "PEN"」  オリンパスギャラリー東京・大阪(グループ展)
2011年  「Sign -写真家たちの311-」 コニカミノルタプラザ(グループ展)


●村田早耶香(むらたさやか)  
              

村田さん.png


特定非営利活動法人かものはしプロジェクト 共同代表 

1981年10月24日生まれ、東京都出身。
大学在学中の2001年に東南アジアを訪れ、5歳の子どもが無理やり体を売らされている現実を知り、
子どもが売られる問題をなくすための取り組みを始める。
2001年、「第二回児童の商業的性的搾取に反対する世界会議」(横浜会議)に、
日本の若者を代表して参加する。
その後、仲間と出会い、
「子どもが売られるという悲劇をなくしたい。
世界の子どもたちが笑って暮らせる世界を創りたい」

という思いのもと、かものはしプロジェクトを2002年に創業。


【主な受賞歴】

2005年 日経WOMAN主催「Woman of the year 2006」リーダーシップ部門史上最年少で受賞。
2006年 日本青年会議所主催、人間力大賞・参議院議長奨励賞受賞。
2007年 国際青年会議所主催、過去にケネディやキッシンジャーが受賞した
      TOYP(The Outstanding Young Person)受賞。
2008年 国際ソロプチミスト日本東リジョン主催「女性のために変化をもたらす賞」受賞。
2011年 社団法人日本看護協会、ジョンソン・エンド・ジョンソングループ日本法人各社主催、
      ヘルシー・ソサエティー賞を受賞。皇太子殿下と東宮で謁見する。


【著書】

2009年 初の著書『いくつもの壁にぶつかりながら~19歳児童買春撲滅への挑戦~』
      をPHP研究所より出版。


<かものはしプロジェクトとは>

子どもが売られないように活動しているNPOです。

当時大学生だった代表の村田早耶香が、東南アジアで6歳の子どもが無理やり体を売らされている現実を知り、
仲間と共に9年前に始めました。

児童労働の中でも、特に子どもの心と体を傷つけるこの問題は、最悪の児童労働と言われています。

1990年代から、子どもの被害者が急激に増えていたカンボジアで、
「子どもを買わせない・売らせない」ように、活動をしています。

子どもを買わせないために、警察が加害者を逮捕するよう、
UNICEFとカンボジア政府と協力し、警察官への訓練に資金を提供しています。
これらの活動により、加害者や売春宿の摘発件数が増加しています
 
また、カンボジアのい草で生活雑貨をつくる工房を運営し、
貧しい家庭の大人に就業の場を提供することで、
子どもを売り渡すことを未然に防いでいます
  
詳しくはこちらをご覧ください。 





カテゴリー: イベント

子どもがだまされて売られないために
かものはしがしている事
20,000円で売られる子どもを救うために
あなたが今できること

イベントカレンダーを見る

twitter

facebook

コミュニティファクトリー訪問

コミュニティファクトリーが立ち上げた新しいブランド「SUSU」オンラインショップ

かものはしが運営する工場で作られたカンボジアの手作り雑貨を買えるECサイト I love Cambodia

ほんのかけはし

ご寄付は税控除の対象になります。

講演会・取材等のお申し込みはこちらから

●最近の記事

17.12.11 UP

かものはし共同代表 村田の創業ストーリーをきく「夜かも」 1/25(木)@恵比寿

「団体を創業する場合、最初の一歩はどういうアクションだったのだろう...

17.12.04 UP

かものはし活動説明会~かものはしのボランティアから起業に至った安藤昭太さんをゲストに招いて~1/20(土)@恵比寿

「自分の知っている世界を広げていきたい。」 「世界の問題に対して...

17.12.04 UP

子どもが売られる問題に迫るかもトーク!1/18(木)@恵比寿

「世界の問題についての理解を深めたい。」 「参加者同士で意見を交換した...

ページの先頭に戻る