子どもが売られない世界を作るため、寄付・募金・ボランティアの協力によりカンボジア・インドをメインに活動する国際NGO

2011年06月01日

6月11,12日etic.インターンシップフェア開催!

みなさんこんにちは!
かものはしインターン生の林です。

NPO法人ETIC.主催インターンシップフェアのお知らせです。
かものはしプロジェクトでは新インターン生を募集しています!

熱いスタッフたちや、村田、本木、青木といった経営者と一緒に仕事をして、
社会起業を中から見ることができ、経営者の視点を学ぶことができます。


★☆★ 現インターン生からの生の声です!★☆★

・忙しさに追われて大変な時もありますが、
大学生活では出会えないたくさんの魅力的な方々に会うことができます。
色んな刺激を受けられます!
(上智大学3年 赤坂)

・かものはしのインターンの魅力は、自分の成長を1番に考えてくれるスタッフと、
共に切磋琢磨していけるインターン生の存在だと思います。
かものはしでインターンをすれば、一回りも二回りも成長できること間違いなしです!
(立教大学3年 浜千代)

・ 私はまだインターンを始めたばかりですが、
何をするにも、初めてのこととの連続で、
新しい発見がたくさん詰まった生活を送ることができています。
(早稲田大学3年 岩田)

これから何かアクションを起こしたい」という学生さんや、
社会起業、NPO、国際協力、自己成長などに興味をお持ちの学生さん。

かものはしで、一緒に、最高に濃い半年間を送りましょう!

インターン2.jpg

求められるものは学生レベルを超えたものなので、
全力であたらないとスタッフの期待に応えることができません。
そのため悔しいこともありますがその分時々褒められて飛び上がる位うれしいときもあり、
とても充実した日々を送っています。
そしてなにより、短期間で急激に成長することができます。

日程:
1日目:2011年6月11日(土) 13:00~19:00
2日目:2011年6月12日(日) 13:00~19:00

(12:30開場/12:50までに受付を済ませてください)

※1日目、2日目で参加企業が異なります。
原則、両日参加となりますが、両日の参加が難しい場合は、申込時にその旨をお書きください。

※上記日程で都合の合わない方は、毎週開催しておりますインターンシップ活用セミナーに、ご参加下さい。
こちらからも、かものはしインターンにエントリーすることができます。

場所:
日本財団(東京都港区赤坂1丁目2番2号)【地図
※交通:東京メトロ銀座線/南北線・溜池山王駅 9番出口 改札より 徒歩10分

参加費:
1,000円(両日参加の場合も、いずれか1日のみ参加の場合も同額)
(資料・交流会での軽食費含む。受付にて当日お支払い)

お申し込みはこちらから

かものはしプロジェクトでは、
NPO法人ETIC.を通じてインターンシップ生を受け入れており、
今回行われるインターンシップフェアは
ETIC.主催で行われるインターンシップを考えている学生のためのイベントです。
各企業が出展し、かものはしも出展します!

当日は代表村田も参ります!ぜひお越しになってください!

▼インターンシップフェア詳細です。
http://fair.etic.jp/about/

▼ エントリーはこちらから ※必ずエントリーの上、ご参加下さい。
http://fair.etic.jp/entry/


みなさまとインターンシップフェアでお会いできるのを楽しみにしています!

カテゴリー: イベント

子どもがだまされて売られないために
かものはしがしている事
20,000円で売られる子どもを救うために
あなたが今できること

イベントカレンダーを見る

twitter

facebook

コミュニティファクトリー訪問

コミュニティファクトリーが立ち上げた新しいブランド「SUSU」オンラインショップ

かものはしが運営する工場で作られたカンボジアの手作り雑貨を買えるECサイト I love Cambodia

ほんのかけはし

ご寄付は税控除の対象になります。

講演会・取材等のお申し込みはこちらから

●最近の記事

19.10.01 UP

10月の講演会・ボランティア一覧@恵比寿

国際協力やボランティア活動のはじめの一歩に! 少しでもご興...

17.10.21 UP

世界を舞台に仕事をする~10年以上NGO経営をしている代表者同士によるクロストーク~11/10(金)@恵比寿

「1つの活動をやり続けるために、大事なことは何か知りたい。」 「世界の...

17.10.16 UP

カンボジアでの葛藤、貧困女性を救うために新たなミッションへ11/7(火)@恵比寿

「15年の活動の末に、カンボジア事業部はどうして独立するのだろうか」...

ページの先頭に戻る